スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

移ろい行く

どうも、はむばねです。
本日、食器棚の角に踝を強打して目覚めるなど。
いやー、ちょうど布団の脇に食器棚があってですね。
まさしく、蹴ってくれと言わんばかりのポジションに角が存在するんですよね。
引っ越し当初からこのレイアウトなんですが、むしろここ2年でよく1回も起こらなかったもんですね。
まぁ、あるいは記憶が飛んでる中で発生してた可能性は結構ある気もしますが。
割と、起きてしばらくの記憶が飛んでることもしばしばですからね……。
とはいえ通常であれば事故が発生した時点でレイアウトの変更を検討するのでしょうけれど、私の場合はそのまま今夜も迎える予定です。
理由は、もちろんめんどいから。
幸い、傷にもなってませんしね。
 
 
さて、それはそうと。
実は、昨日まで3日連続でジャンプ読んでたんですよね。
実家にいる間買うだけ買って読んでなかった先週分と、空港で買った今週分(やはり私の空路は大体ジャンプと共にある)と、昨日早売りで買った来週分。
でまぁ、なんか続けて読むと贅沢な感じがするなー、とか。
BLEACH終わったなー、結局最後はよくわかんなかったなー、感想スレでも読むかー、とか。
思いはしつつも、ボーッと読み終わってたんですけども。
ちょうどそのタイミングで、こち亀終了の報が流れて来まして。
ファッ!? ってなりましたよね。
最近コラボやら再アニメやら色々やってたのは、あれ最後の打ち上げ花火的なやつだったのか……?
 
まぁぶっちゃけて言うと私はそれほどこち亀に思い入れがあるわけではなく、むしろ一時期は「こち亀の枠潰して連載枠増やせよ……」と、かなり思ってました。
たぶん、大阪編とかその後のやたら人情話が多かった辺り。
まぁその辺りについては書き始めるとキリがないので、省略致しますけれど。
結構前から「普通に面白い」レベルには持ち直してきてると思ってて、まぁでも別に終わるなら終わるでいいや、と思ってたんですね。
しかし、いざ終わるとなると……うーん……。
なんというのでしょう、特別な感慨があるというわけでもないのですけれど、他の終了漫画のように「へー、終わるの」だけの感覚でもないといいますか。
やはり「こち亀のあるジャンプ」の安定感のようなものは認めていたのかな、と思いますね。
 
私がジャンプを買い始めたのは中一からなんで、かれこれもう20年近くジャンプを読んでることになるわけですが。
こち亀が終わると、もう私が買い始めた頃既に連載始まってた漫画ってワンピースだけになってしまいますね……。
そこからNARUTOが始まり、BLEACHが始まり、銀魂が始まり、その中でも今となっては残るは銀魂のみ。
その銀魂も、完全に巻きに入ってますしね。
なんつーか、今のジャンプは「最近始まったやつばっかだなー」って印象です。
言うて、結構連載してるのも多いはずなんですけどね。
 
しかしNARUTO終了辺りから、ホントにガンガン世代交代進めてる感がありますね。
とはいえBLEACHは15年(いちご)で終わらせたかったという話もありますし、こち亀も200巻で終了。
編集部の意向というよりは、たまたまそういう時期が重なっただけなんでしょうか……?
まぁ、いつまでも同じ漫画が載ってるよりは健全だとは思いますけどね。
まさしく、少年だった私がもう中年になってるわけですし。
 
まーしかし、こち亀終了はホント「ジャンプの歴史が、また1ページ……」って感じですよね。
私が産まれた時から余裕で連載してたわけですしね。
とまれ、今後のジャンプがどうなるのか、引き続き見守っていきたい所存であります。
スポンサーサイト

コメント

1. ジャンプも転換期ですね…

ナルト、ブリーチが終了し、こち亀も間もなく…というのは
ジャンプを購読してきた読者でないと感慨は湧かないものでしょうね。

しかし秋本治先生も久保帯人先生も一つの作品だけを長いこと
描いてきた分、違うテーマで描いてみたい気持ちは強いと思います。

特に秋本先生の次回作はとても興味が湧いていますねw

2. れすぽんす

>anokoさん
こち亀はホント、あって当たり前のインフラ的な印象すらありましたからね……。
それがなくなるというのは、特段ファンでない身からしても事件って感じがします。
一作を書き続けられるのも凄いですが、やはり作家としては他にも書きたいものがあると思いますので、今度はそれも楽しみですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4503-7f566a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR