スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
2巻、5/19(土)ファンタジア文庫より発売です!

2018-06

«  | ホーム |  »

愛だ恋だから遠ざかりすぎて

どうも、はむばねです。
先日、Twitterで「君の名は。は自分には刺さらなかった」とおっしゃっている方がいらっしゃいまして。
あーなるほどな、ってなんか妙に納得してしまいました。
いや、刺さらないって話はまさに私も新海誠監督の旧作品を観た時に書いたんですけどね。
君の名は。は観て普通に面白かったので、自分にも刺さったのかな、と思っていたんですけども。
しかし今になって思えば、あれは「刺さった」というよりは「よく出来た作品に対する感心」に近かったような気がするんですよね。
心の内から「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」ってなったってよりは、「うん、これこれこういう要素もあるし、面白かった」ってどちらかというと理性で判断してる感じ。
 
いや、何にせよ面白かったことに変わりはないんですけどね。
むしろ、刺さらなかった人でも面白いと思えるよく出来た映画だな、と改めて感心しています。
というか、たぶんこの部分が巷で言われてる「新海誠監督は今回周りからめっちゃダメ出しされて色々修正した」って部分なのかなって今更ながらに思ってます。
私は他には『言の葉の庭』と『秒速5センチメートル』しか観てないですが、こっちは「刺さるやつに刺され! 刺さらんやつは知らん!」的な空気を感じていましたので。
その点、君の名は。では凄くマイルドになっていたといいますか。
アート寄りからだいぶエンタメ寄りになったな……ってのが、個人的にはしっくり来る表現ですかね。
 
 
あと、先日私は新海誠作品が刺さるのは「ある程度のリア充経験がある人なんじゃない?」と書いたんですけども。
先述のツイートと同じ方が「リア充、いや充実してないとしてもファンタジー要素込みで主に恋愛面でリアル側に寄り添い救いを求める人たち」に刺さるんじゃないかと分析しておられまして。
これも、あ、なるほど、というかむしろ目から鱗が落ちた気がしました。
確かにこれ、私が高校生の頃に観てたらもっとグサグサ刺さってた気がするわ。
少なくとも、二次元での恋愛は充実してたあの頃の私なら。
 
つーかですねー。
思えば、最近……というか結構前から、恋愛メインの話がキツくなってきてる気がするんですよね。
具体的に言うと、少女漫画がほぼ読めなくなった。
前にネカフェ行って、「そういや長らく少女漫画読んでないし人気のやつでも読んでみるか」と思って読み始めたら2巻分も耐えられなくて愕然としましたもの。
その作品が合わなかったのかと思っていくつか読んでみましたが、大体アウト。
ギャグメインだったらいけるんですけどね。
なんつーかこう、「最初は嫌な奴だと思ってたアイツにこんないいところが……?(トゥンク」とか「私の王子様、また助けてくれた……(トゥンク」みたいなのを毎回やられると「もうえぇわ!」って気分になっちゃうんですよね……。
俺物語ですらキツく感じた時は、我ながら極まってきてるな……と思いました。
昔は、(妹君が買ってた)りぼんも少女コミックスも全部読んでたんですけどね……。
もしかしたら、今だとフルバやカレカノですらキツい可能性すらある……。
これはちょっとよろしくねーなと思いつつも(アンテナ感度的な意味で)、しかしこれに関しては治療法が見えないのであった。
 
まぁでも逆に、今だからこそ面白く感じるんだろうなって作品もありますけどね。
シン・ゴジラとかもそうだと思うし、オトナ帝国とか高校生の頃だったら鼻で笑いながら観ていたことでしょうし。
なんというか、出会うべき時にその作品に出会えるというのは幸せなことですね。
まぁ世の中には何回生まれ変わったところで到底消費しきれない程の物語に溢れているわけなので、その時の自分に合った物語を探すと致しましょう。
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

私も少女マンガ系作品といえば、白泉社系少女漫画雑誌を惰性で
読んでいる状態です。もう20年以上継続しているので我ながら
あり得ないおっさんと化していますww

はむばね氏は取り敢えず自作の「太陽で台風」全2巻を読み直してはw

2. れすぽんす

>anokoさん
自著はちょいちょい読み返しているのですが、太陽で台風は今でも問題なく読めますね。
というか、男性向けであればある程度読めるんですけどね……。
なんか、同じことを繰り返してる(気がする)系なのがダメなだけという可能性もあります……。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR