スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
2巻、5/19(土)ファンタジア文庫より発売です!

2018-06

«  | ホーム |  »

雑多なM-1感想

どうも、はむばねです。
なんか数日間眠った夢とか、滅茶苦茶寝過ごした夢とか見ることあるんですけども。
そん時、真っ先に思うのが「やっべ、ブログの更新はしてたっけ?」な辺り私もなかなかに生粋のブロガーだなと思う今日この頃です。
 
さて、それはそうと。
最近全然観返してねーなーと思ったので、心の回復がてらちょっとM-1観返してみました。
つっても(私的に最も面白かった時期である)2003~2006の、それも飛ばし飛ばしでですが。
というわけで、せっかくなので久々に観返した感想を軽くではありますが書いてみたいと思います。
他に書くようなこともねーしな。
最後の言う必要あった?
 
というわけで。
 
・2003
私的に頂点の年。
千鳥の微妙な滑りっぷりも含め、改めて見てもやっぱ面白かった。
そして、やっぱなんだかんだで奈良歴史民俗博物館が笑い飯の中では一番面白い。
というか、個人的に笑い飯はこの年が一番面白かったと思う。
ファイナルの脱脂綿が笑い飯の一番のやらかしという風潮、一理ない。
笑い飯の中でも2番目か3番目くらいに面白いと思う。
ていうか、どう考えても一番のやらかしは(2005の)マリリンモンローなんだよなぁ。
まぁそれはともかく、とはいえ笑い飯は確かに粗さは残っていたし(というかそれは今でも変わらんと思うけど)、ファーストラウンドでフットボールアワーに負けてるのはギリわからなくもない。
ただ、最終決戦はアンタッチャブル、笑い飯、フットボールアワーの順番だったと何度見ても思う。
アンタッチャブルも、個人的には2004よりこの年の方が面白かった(ただ、これは僅差ではある)。
 
・2004
そんなチャブの優勝年。
が、やはりこの年で一番の衝撃だったのは南海キャンディーズ。
麒麟枠の中でもダントツのインパクトだったのではなかろうか。
しずちゃんの「バーン!」で(あ、これあかんやつや……)と思わせてからの畳み掛けがヤバい。
火を怖がるサイのくだりとか、「これはクリリンの分!」とかの瞬間最大風速はM-1史上でも屈指の印象。
2本目はクッソ滑ってた印象だったけど、改めて見ると掴みがアレな以外は意外と面白かった。
まぁでも、決勝ネタから考えるとアンタッチャブルの優勝は妥当。
というか南海って、この年の1本目より面白いネタ持ってんの?
南海のネタは結構観たと思うけど、どのネタをもってしてもこの年の優勝は不可能だった気がしてならない。
南海のことしか書いてねーけど、それほど南海のインパクトはヤバかった。
 
・2005
2005以降は2003・2004に比べると一段落ちる印象で、まぁそれは改めて観返しても変わらなかったんだけども、ことチャンピオンの決勝ネタという一点においてはこの年のブラマヨが歴代でも一位かもしれない。
まぁこれに関しては、初出場ってことも大きいとは思いますけども。
言うて、ネタはそこそこワンパターンですしね。
それでも面白いんだけども(ただし皮膚系のオチだけはもうちょっとどうにかならんのかとは思う)。
一番いい時期に初出場してそのまま優勝かっさらった感じなんじゃないですかね。
つーか、なんでこの年まで出られなかったの?
あのネタのパターンって、もしかしてこの年に形成されたの?
 
・2006
一方で、三回目の出場ながら圧倒的な力を見せつけチュートが優勝したこの年。
というか、2005くらいからチャンピオン一強がずっと続きますよね(2008のNON STYLE(VSオードリー)と2010の笑い飯(VSスリムクラブ)辺りはちょっと怪しいけど)。
審査結果に不満が残らないのはいいんですけど、それこそが2005以降が微妙な理由でもあるんだよなぁ……。
……というのは、ともかくとして。
チュートリアル自体は、正直2005で完成してた感がありますよね。
2005で少なくとも決勝は進出してても良かったくらい(まぁしても納得出来た、という程度で絶対チュートの方が面白かった! というわけではありませんけれど)。
フットがクッソ微妙な出来だったこともあって(ていうか明らかに後藤の練度足りてなかった感)、これも納得の優勝。
麒麟は、もうちょっと評価高くてもえぇんやない? とは思いますけれど。
大概のコンビがクッソしょうもない終わらせるためだけの一言を言って「もうええわ」で終わらす中、2005・2006の麒麟の最後の最後まで笑いを爆発させるスタイルは凄く好きです。
 
 
えー、はい。
そんなこんなでね。
麒麟のオチについて褒めておいてアレですが、今日の記事のオチは特にありません。
スポンサーサイト

コメント

1. 無題

2007年以降のM-1はTV観賞になったということなんでしょうか?

マイブーム的にはアメトーークが注目され始めてからお笑い
番組を観るようになりました。

2. れすぽんす

>anokoさん
2007以降(及び2002以前)を今回観てないのは、単に時間の都合ですねー。
一応、全部の年見直せる環境は整ってます。
しかし、一時期に比べればお笑いも全然見なくなりました……(というかほぼM-1以外見てない)。
それはそれで、M-1という最高の舞台でのネタを新鮮な気持ちで観れていいんですけどねw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR