スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

キング・オブ・コント2016

どうも、はむばねです。
1ヶ月の時を経て、ようやくキング・オブ・コントの感想だよー\(^o^)/
いやー、思ったより時間かかってしまいましたね。
まず、単純に書く量がそこそこ多いというのもありますし。
何より、毎回酒飲みながら観るので最後の方あんま覚えてねーんですよね。
しずる(トップバッター)の印象だけが深まっていくわ。
 
というわけで、いってみよう。
 
・しずる
正直、最初観た時は微妙な印象だったんですよね。
前フリ長かった割に予想出来る展開だったし、そっからなんかどんでん返しあんのかなって思ったらそのまま終わったし。
しかし、2回目以降視聴してる中でもしかしたら一番好きかもしれんくらいになってきたw
これは、「誰もいない!」一本であることを知ってた方が面白い気がするな。
バリエーション豊かな「誰もいない!」で毎回吹くわw
「自業自得ってやつか……」「ホントにそうだ!」とか、細かく積み重ねてきますね。
オチの「誰もいねーのになー……って思ったよ」からの三文芝居感も観る度に味が出て来る感じ。
しずるにしか出来ない……かはともかくとして、演技力を生かした実にしずるらしいコントだったと思います。
ただ、確かに事前の映像と合わせて子供のくだりは最初ちょっと混乱したw
 
・ラブレターズ
うん……。
まずもって、このネタはどこが笑いどころなの?
バントのとこ? それとも、野球拳の音楽に乗せてふっつ~の、ありがちやお約束をを通り越したクソみてーな野球物語をやることそのもの?
前者だとすれば笑いどころ少なすぎだし、後者を面白いと思ってるんだとすればちょっと自分たちの笑いをもっかい見直した方がいいレベル。
ストーリー性のあるネタは大好きだけど、流石にこれは目新しさもなければ面白さすらなかった。
ストーリーとして見ても見所がわかんないし、オチもオチてなかったと思う。
確かに、(松本の言う通り)歌いだしたところが一番面白かったですね。
ラブレターズ自体は好きだけど、これは文句なしの最下位。
なんだったら放送事故クラスまである。
逆に、設楽のあの高得点はどこを評価した結果なの?(いや、説明はあったけど
他のコンビがコメントでも一笑い二笑い持っていく中で彼らだけコメントまでビックリするほど滑っていて、いっそもうこれ滑りきるのがネタなの? とさえ思いました。
大竹のコメントのとこ(すげぇガチでコメントに困ってる感)が一番面白かった。
 
・かもめんたる
うーん……。
まぁ確かに狂気と笑いの融合的なところがかもめんたるの魅力ではあるんだけども、ちょっと狂気に寄り過ぎてるというか、意識しすぎというか、若干の上滑り感があった気がします。
序盤の「念……!? 念って……念!?」のところとかは、クッソ面白かったんですけどね。
正直、だんだん失速していったように感じました。
タイムラグがあるところとか、自我が芽生えてくるところとかのストーリー性も好きなんですけどねー。
逆に向こうで意識が朦朧としてるとか、指示待ち状態になってるとことか、「お互いにとってマイナスだよー!」とかの言葉選びとか、流石に光るところも多い。
しかしどうにも、気持ち悪さを笑いに転換しきれてないように思いました。
ディフェンディングチャンピオンとしては、ちょっと期待に応えきれてなかったかなーって感じ。
オチも、悪くはなかったけど……悪くない、レベルでしたね。
初見時はしずるより上でしたが、見直しているうちにしずるの方が上な印象になってきました。
 
・かまいたち
ここでようやく爆発したなって感じです。
面白かった。
個人的には、一番好きかもしれない。
なんでしょうね。
首をにょーんってするだけの、言うたらしょーもないネタなわけじゃないですか。
正直、約束されし滑りネタのレベル。
初見時は、「うわこれあかんやろ……」とすら思ったんですけどね。
にも関わらず、それ一本でいってここまで面白いとはって感じ。
ちょいちょいフェイント混ぜてくるのも良かったですね。
あと、個性的でこそないもののツッコミが実に「適切」だったのも大きいと思います。
動きで笑わせて、ツッコミでもっかい笑わせるというコントの理想とも言える形だったのではないでしょうか。
あと、コメントも面白かったですね。
山内の執拗な「優勝……ってことですか?」も良かったし、ここぞとばかりににょーんする濱家も良かった。
ちょうど(?)マシントラブルが発生するとか、こいつら持ってんなwって感じでした(優勝は逃したわけですが)。
かまいたちって好きでも嫌いでもなかったというか、むしろ「どちらかといえば面白くない」くらいのイメージだったのですが、今回で好きになりました。
 
・ななまがり
「ナス! 持ち上げる時ダケ! 左利きダヨー」は、個人的に今大会で耳に残るフレーズナンバーワンw
ただ、確かに(これまた松本の言う通り)初回に出てきた時が一番面白かったかなーって感じではありますね。
発想もいいし、こういう天丼もどきというか徐々に変化していく系ループとか凄くこのみのネタではあるんですけどねー。
如何せん、パンチが足りなかったかなー。
というか、これが本当に彼らがポテンシャルを余すこと無く発揮した結果なの?
先輩芸人のコメントとかだと、もっと尖った感じに聞こえたんですけども。
なんか、思ったよりマイルドというかジェネラライゼーションされてんなって感じました。
まぁ、私がその方向で期待しすぎただけかもしれませんが。
 
・ジャングルポケット
なんで斉藤さんの声掠れてんだよwwww
というのはともかくとして。
うん、面白かった。
面白かったし、上手かった。
個人的にジャングルポケットはそんなに好きじゃないのですが、それは斉藤さんのキャラがやたら押されてるからであり、このネタはそんなこともなかったので普通に好きですね。
笑いどころが随所に散りばめられてるし、ストーリー性もあり予想を裏切る展開もあって非常にレベルが高かったと思います。
ずっと笑えたし、斉藤さんの反応が常識的なのも素晴らしかった。
この状況が実は作られてた、ってのも凄く良かったですね。
こういう優しい世界も好きです。
それでも個人的な好みでいえば若干かまいたちに軍配が上がるけど、単純な評価でいえば1回目のネタの中ではジャングルポケットが一番ですかね。
「うんちあるんだよ!?」は、個人的にはもうちょい少なくても良かったと思いますけどねw
ただ、「うんち」という単語をチョイスした点については大いに評価したい。
これが「うんこ」だとここまでの面白さは出なかったと思う。
コメントも面白かったですね。
 
・だーりんず
凄く好みのネタではあるw
童貞ネタ一本なのも好きだし、本当の親子じゃない点は普通に受け入れてるとことか凄く好き。
ただ、うーん……ちょっと、突き抜けたところはなかったかなーとは思います。
オチも弱すぎたかな。
この、私の感想の少なさが全てを表わしている。
キング・オブ・コントの盛り上がりによく貢献してくれました、という感じ(上から目線
 
・タイムマシーン3号
上手いですね。
発想もいいし、ストーリー性があるところも凄く好き。
だんだん立場が逆転していくとことか、めっちゃ良かったです。
微妙な怖さも、上手いこと笑いに繋がってると思います。
二人しかいないのに、舞台が広がってくのもいい。
お巡りさんまでお金になるとことか、笑うわw
この辺、ホント上手く表現されてますね。
ツッコミも実に適切。
ただ、毎度のことながらタイムマシーン3号って完全に一つのテーマというかネタだけで終わっちゃうんですよね……。
漫才だと、だいたいデブネタ一本で終わっちゃいますし。
この辺、もう一捻りあるともっと化けるのかなーとか思ってます。
特に今回の場合は、オチでもうちょっと跳ねると良かったですね。
このオチも、決して嫌いではないんですけどね。
 
・ジグザグジギー
これも、個人的には嫌いじゃねーんですけどねー。
掴みは良かったし、中盤までは順調に上がって行ってたと思う。
「すげー、きたねー」のリズムも良かったし、「おかず食べなーい」も確かにーって感じ。
地味にツッコミの言葉選びがいいですね。
ただ、中盤からの盛り上がりが足りませんでしたかねー。
ちょっと一辺倒になりすぎた感。
箸が落ちたことは気にするくだりとか、凄く良かったんですけどねー。
最後の方、なんかリズムネタっぽくなっちゃったのがなー。
にしては、ノリきれるような感じでもなかったし。
細かいとこツッコミ入れていくスタイルとかは凄く好きなので、また頑張っていただきたいところです(上から目線
 
・ライス
う、うーん……?
いや、面白かったは面白かった。
上位5組には入っていいと思う。
けど、1位はないと思うんですけどねぇ……。
リアルタイムで観てた時、この点数が出た瞬間に「うわこれでライスの優勝だけはやめてほしいな」と思いました。
はっきり言わせていただくと、ネタも真新しいものではありませんし序盤の時点で展開も予想できた。
オチも、全く予想を裏切るものではない。
これで4位くらいだったら、素直に「面白かった!」って褒めるんですけどね……。
確かに畳み掛けは良かったし、客受けも悪くはなかったとは思うけども……。
何回観ても、この点数だけは納得出来ませんでした。
 
・かもめんたる(2本目)
いやー、難しいネタですよね。
「面白くないボケ」がフリである以上そこを面白くするわけにはいかないわけなんですけども、しかしそれであるがゆえに面白くない時間がちょっと長すぎる。
気持ち悪いストーリーとしては悪くなかったけど、そこがイマイチ笑いに繋がってなかった感じ。
ただ、どんぶり飯食べてるところの底辺感と気持ち悪さはなかなか凄まじいものがありましたねw
表現力はあるんですよねー。
総じて、ライブとかの箸休め的なネタとしては凄くいいと思うけど、決勝でやるネタではねーかなって印象でした。
 
・タイムマシーン3号(2本目)
初めて観るネタでしたが、まぁこういう展開になることは始まった瞬間からわかりましたよねw
しかし、「予想を裏切られなかった」というよりは「期待通り」という感じ。
「やってた?」「王様を?」とか「悲しくないのに涙って出るじゃん」とかの細かいやり取りも良かった。
ただ、やっぱ1本目と同じく一辺倒で終わっちゃった感はありますねー。
1本目といい、小道具の使い方は抜群に上手いんですけどね。
その辺りの技術面については素直に賞賛に値すると思います。
が、それが必ずしも笑いに繋がっているかというと、うーん……ってなっちゃうんですよね。
やっぱりオチもちょっと弱かったかなって感じですし。
これもまた、ライブとかで数あるネタのうちの一本として観たなら「うっはすげぇw」ってなって満足度高いと思います。
 
・かまいたち(2本目)
やっぱ好きだわーw
うん、面白かった。
もう完全に展開は初っ端に予想出来るんですが、その上で畳み掛けてくる感じが凄い。
そうくることはわかってるのに、笑わざるをえない。
すげーな、かまいたちってこんなに面白かったっけ?
って思うくらい、確かな地力を感じました。
先生がどんどんパニックになっていく感じがめっちゃ良かったですねw
視聴者と気持ちシンクロしてるわw
個人的には、総合で今年一番面白かったのはかまいたちでしたかねー。
 
・ジャングルポケット(2本目)
悪くはない。
決して悪くはなっかった。
発想も面白いし、笑いどころも多いし、客受けも良かったし、オチも決まってた。
2本目に相応しいだけのネタではあったと思う。
ただ、終わった瞬間「うわー、今年これライスかー」と思ってしまう程度には突き抜けきれなかった感がありますね……。
それでもライスの1本目があんなバカ高くなかったらそのまま優勝出来てたと思うし、個人的にはその方が納得感があった。
先述の通りジャングルポケット自体はそんなに好きではないのですが、今年の出来だったら優勝で全然良かったと思います。
 
・ライス(2本目)
ただ、ライスの2本目のネタは文句無しに面白かった。
まぁまぁありがちな設定と思わせてからの、店員がアレなパターンと見せかけて客の方がアレだったというパターン。
まずこの掴みが完璧。
ほんで畳み掛けるような展開で、店員の態度も若干アレな感じになっていくのもめっちゃワロタw
客側が明らかにアレな態度なのに、不快感が全くなく全て笑いに繋がっている点もベリーグッド。
2本目単体でみれば、今大会ナンバーワンかと思います。
ただそれだけに、余計に1本目が惜しいというか残念で仕方ない。
2本目と同格とまでは言わないまでも、片手落ちくらいの出来だったら心から「こいつぁすげぇ奴らが出てきたぜ!」と思えたのですが……。
それとも、一般的な感性で言うと1本目もそのレベルだったのか……?
個人的には、4段くらい落ちる印象なんですけども。
最高に面白い時の笑い飯と最高に滑ってる時の笑い飯くらいの差を感じました(わかりにくい表現)。
 
 
・総合
近年小粒化といいますか「面白くないネタはあんまりないけど突き抜けたネタもあんまりないよね……」という印象だったキング・オブ・コントでした、今年はかなり当たりネタが多かった気がします。
全体的な満足度でいうと、今まででも屈指のレベルだったのではないでしょうか。
惜しむらくは一点のみなのですが……まぁ、あんまり何度も言うのはよしましょう。
来年も楽しみです! と、素直に言える良い大会でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR