スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
2巻、5/19(土)ファンタジア文庫より発売です!

2018-06

«  | ホーム |  »

雪魔氏の結婚式に行ってきた~島根激闘編~

どうも、はむばねです。
昨日の続きです。
ついに雪魔氏の話も登場!
というか、ここが本編です。
 
~前回までのあらすじ~
主にスマホ弄ってダラダラ時間を潰した。
 
 
はい、というわけでね。
駅前のサウナでダラダラ時間を過ごした後、礼服に着替えたはむばねさん。
この時点で、ベルトを忘れていることに気付く。
お、おぅ……。
遠出用(含結婚式)に、忘れ物しないよう持ち物リストを作っているのですけれど。
また、「ベルト」という項目を追加せねばなりませんね……。
つーかこのリスト、結構前から追記追記で補完していってるのに一向に完全版にならねぇな!
毎回、「え、それ忘れる?」というものを忘れてリストが長くなっていく……。
 
というのは、ともかくとして。
ホテル(サウナの隣である)に移動し、TAKKON氏夫妻と合流。
タクシーで式場に向かったのでありました。
なおこの際、私の名前で予約されてたっぽいタクシーに別の組が乗っていくというトラブルが発生。
他の組にも私と同じ苗字の方がいらっしゃったようですね。
日本で世帯数ベスト10には入る苗字だからね、仕方ないね。
目的地一緒だし、財布も一緒(新郎新婦が負担してくださった)なので、特段問題はないんですけどね。
 
 
んで。
式場に着くと、真っ先に目が付くところにブルーのハチロクが。
雪魔氏の愛車です。
 

 
ウェディングケーキでも、中央でその存在を主張してました。
ちなみに、右にいるのはせんとくん(どじょう掬いVer)、左にいるのはしまねっこ(金魚掬いVer)です。
奈良県郡山市(金魚生産日本一、金魚掬い大会も開催)出身の新郎と、島根(どじょう掬い発祥の地(で合ってる?))出身の新婦、二人を繋ぐケーキですね。
見た目も可愛くて、凄くいいですよね。
 
 
さて、順番が前後してしまいましたが。
まず、結婚式の方なんですけれど。
チャペルだったんでてっきり神前式かと思ったのですが、人前式でした。
列席者に結婚の証人になってもらう形式ということで、私は初体験です。
こういうのもあるんですね、面白い。
列席者一人一人が新郎新婦に対してメッセージ送って、最後に承認の拍手をするって感じの流れ。
ずっと見ているだけなんじゃなくて、自分も参加するというのが凄く新鮮でしたね。
 
 
んで、披露宴会場に移動し。
一通り席についたとこで、ドリンクが配られるわけなんですけども。
司会のお姉さんから、「先に乾杯しといちゃってください」的なお言葉が。
乾杯(本番)用のスパークリングワインも、なくなったら注ぐのでどんどん飲んどけと。
え、そんなパターンあるの?
なかなか斬新だな……。
 
DSC_0679.JPG
 
とか思ってたら、披露宴の最中には各テーブルに酒樽が配られ始めるという一幕も。
まぁこれ自体は中にお酒入って無くて、各テーブルのキーワードというかメンバーとの繋がりを表す言葉的なものが書かれた紙が入ってるんですけどね。
新郎新婦は、ガチのでかい酒樽で鏡開きしてました。
私それ、鉄道の開通式とかでしか見たことないわ。
雪魔氏はあんま酒飲むキャラでもないので、新婦側の意向なのかな~と思ってたら、後に聞いたところやはりそうだったようです。
 
 
さて、またしても順番が前後してしまいましたが。
 
DSC_0667.JPG
 
10月誕生日の人には、特別なカクテル(ノンアル)も用意してくださってました。
ちな、これが配られた時にスタッフの方から「何日がお誕生日ですか?」と聞かれまして。
あ、これなんかある流れなのかな……? と思ったのですけれど。
ジャスト当日誕生日の方がいらっしゃったようで、その方に誕生日プレゼントが渡される流れがあっただけでした。
たぶん、一番誕生日が近い方に渡す感じだったんですかね?
……と、地味にホッと一息ついていたのですけれど。
 
披露宴が進んでくると、新郎新婦お色直しがあるじゃないですか。
でまぁ、大体お世話になった方とか親族の方とかにエスコートされて中座するじゃないですか。
今回も、新婦さんはご姉妹にエスコートされて中座されたんですけども。
新郎、雪魔氏の方。
エスコート役を選びきれないので、抽選で選ぶとか言い出しまして。
え、そんなパターンあるの?
 
んで、もう大体お察しいただけているかと思うのですけれど。
はむばね氏、見事当選。
 
日野氏の時といい、私はこういう時の引きだけ異常に強いな……。
まぁ、この時のコメントでクッソ滑ったんですけどね!
正直会場の興味も結構散漫になってるタイミングではあったので、その影響もあったと信じたい。
つーか私、結婚式で何かする度に心に傷負ってない?
人前で何かするスキルも、年々衰えに衰えていってるからな……。
 
というのは、ともかくとして。
まぁ、中座イベントそのものは恙無く進みまして。
友人と肩を組んで中座していく新郎という、なかなかに珍しい光景が見られたのでありました。
ちなみにこの人選、てっきり仕込みかと思ったんですがガチの抽選だったようです。
 
 
他にも、新婦さんのカラオケ大会優勝エピソード、ひよこと座る雪魔氏、新婦親族の方による生演奏、酔って全てのテーブルに絡みに行く雪魔氏の上司とそれを羽交い締めで止める同僚そんなおっさんに社会人時代を思い出し懐かしい気持ちを抱く私、等々。
色々あったのですが、全部書いてくとキリがないのでこの辺りにしておきましょうか。
 
雪魔氏、改めましてご結婚おめでとうございます!
お幸せに!
 
 
なお、明日は「雪魔氏の結婚式に行ってきた~島根消失編~」をお送りする予定です。
番組内容は予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR