スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

ツノありっ! 2

どうも、はむばねです。
今日はドクター・ストレンジを観に行ったが、それはそれとして今日の感想は別作品のものだぜ!
ちょうど先週にも同じネタを(Twitterで)やった気がするな。

そんなこんなでいってみよう。
ネタバレは、たぶんあんまりないと思います。

ツノありっ! 2<ツノありっ!> (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2012-09-01)
売り上げランキング: 179,440


あらすじはAmazonより抜粋。
>武蔵野日高、高校二年生。
>平和な高校生活を夢見て天狗山高校に転校してきたものの、学校一の秀才にして美少女、そして鬼と畏れられる―ホンモノの鬼の風紀委員長・風香先輩の“下僕”となってしまった!
>いったいなんで、こんなことに!?
>そんな風香先輩の様子がどうもおかしい。
>どうやら、実家の都合で無理やりにお見合いをさせられることになったらしいが…。
>後輩の京子、真夕、そして日高は風香を救うため、一致団結して「お見合いブチ壊し作戦」を決行するが!?
>さらに風香の永遠のライバルが登場する、学園(鬼の所業に容赦はない!)ラブコメディ第二弾登場。

ちなみにこちらのあらすじは、裏表紙にあるものと同じなのですが。
ん、んんっ……?
>平和な高校生活を夢見て天狗山高校に転校してきたものの、
て、転校……?
いや、日高くんバリバリ生粋の天狗山校生ですよね……?
念のため1巻も確認してみたけど、ハッキリ「試練坂を上るのも二年目」って書いてあるしな……。
別に日高くん平和な高校生活を夢見てたわけじゃない(むしろ割と平和だったのを最近乱された)わけだし……。

まぁしかしあらすじって作者のチェックも通らない(少なくとも私はチェック頼まれたことなど一度もない)し、たまに妙なのが混じってたりしますよね……。
本編で一ミリも出てきてない呼称でキャラが称されてたり、今まで見た中だと次の巻のネタバレまでされてるのもありましたね……。

というのは、ともかくとして。
1巻の感想はこちら

まさしく1巻の感想で書いた期待通り、日高くんの見せ場が来ましたね。
いいですねぇ、流石ですねぇ。
阿智太郎先生は、ホントに「何の変哲もない主人公」を何の変哲もないまま活躍させるのが抜群に上手い。
上手すぎる。
今回に関して言えば、いわゆる周りが勝手に勘違いする系なんですけども。
しかしそれも、日高くんの優しさ、そして男気があったからこそ成立するんですよね。
ただただ運や状況に流された結果ってだけではない。
さりとて、主人公に何か特殊な設定や能力を付与するわけでもない。
この辺りのバランス感覚が抜群なのです。
個人的に、何の変哲もない主人公を活躍させることに関しては阿智太郎先生はライトノベル界でも随一だと思うのですよね。
普通に強い主人公が無双するお話も好きなのですが、それとはまた違ったカタルシスがあります。

あと、阿智太郎作品でいうとヒロインのチョロさも個人的には魅力だと思っているんですけども。
これも、納得のいくチョロさなんですよね。
世の中のラブコメには「いやその理屈はおかしい」な理由で主人公に惚れるヒロインも珍しくないと思うのですけれど。
しかし、今回のような男気を見せられたらそら惚れるよって話で。
クッソ緩い作風からの、この理性で理解出来る感じも阿智太郎作品の良さだと思います。
今回登場の藍奈さんも、既に攻略フラグが立ってる。
風香先輩も、もはや陥落寸前やでぇ……!

うん、やっぱ阿智太郎先生の作品は尻上がりに面白くなっていきますね!
まだ2巻ですが、既にかなりの上昇幅だと思います。
続刊も楽しみです!

それはそうと、2巻でようやくカラーイラスト来たと思ったら本編出番無し番外編(?)でもおまけ扱いなむつみさんぇ……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR