スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

16Personalities

どうも、はむばねです。
最近TLで何かと流れてくる、16Personalities性格診断テストとやらを私もやってみたよー\(^o^)/
え? Twitterで流れてきたんならTwitterでやれって?
至極もっともな意見だが、まぁお察しください。

そんなこんなで、早速結果を見てみましょう。


1_201703221519276b2.png

2_20170322152446b76.png

3_20170322152448606.png

4_20170322152449fd0.png

5_20170322152450ee7.png

って感じみたいですね。
思ったよか長ぇな。

というのは、ともかくとして。
なるほど、当たって……る、かなぁ……?
確かに、心当たりはある。
しかし、多分にバーナム効果が混じっているような気もしなくはない。
とはいえ、結構細かく書いてあるのでやはり割と当てはまっているのかもしれない。

差し当たりアイデンティティがぶっちぎりで「慎重型」に分類されてるのは、そうなのか? というところ。
大体、小説書いててブログまでやってる人間の自己主張が激しくないとは思えないのですが。

「極悪人や最悪の出来事の中にさえも、常にわずかな善を見い出し」ってところは、当たっているというよりはそうあって欲しいと思っているところはあるかもしれない。
その辺りが、「理想主義者」というところなのか。
まぁ、現実自分がそんな人物と出会った場合、「はぁなんやこいつぶち転がすぞ」と思う自信がありますが。
幸いにして、少なくともここ15年程はそんな人物に出会っていないからこそ思えることなのかもしれない。
どっちかっつーとこの要素は、現実の私というより作品に強く反映されている部分な気がしますね。
あるいは、作品の好み。
だから私の作品には基本的に「ただ悪人なだけの悪人」は出ないし(たまにチンピラはいるけど)、散々何度も何度も書いている通り「今この場で主人公をディスるためだけに生えきたような悪人」描写がとても嫌いなのです。
これまた何度も書いている通り、そうなるべくしたなったようなバックボーンがあれば全然おkですが。
あとシックスとか白面の者みたいな、突き抜けた純悪というか悪という概念そのものみたいなのもそれはそれでおk。

話が逸れました。
理論より自分の信条で決める、ってのもまぁ当たってる……かな?
べき論で言うとやるべきなのはわかっているけども、やりたくないからやらない、というパターンは結構ある。
そこに誇りを持っているかというと……うーん、特段改めるべきとも思ってないからやっぱ誇りに思ってるのかな……?
どっちかっつーと、「今までそれでなんとかなってきから」という要素が大きいような気もしますけれど。

「比喩や架空の人物を通して自分の美点と秘密を明かします」ってのは……うーん、結果的にはそうなのかな?
そんな風に意識して書いたことは一度もありませんが、結局作中で肯定される価値観ってのは(基本的に)作者が肯定する価値観というわけで。
登場人物の美徳や魅力として表現されている部分は、作者が美徳や魅力と感じている部分ですからね。
でもそれはどっちかっつーと、自分が持ってる美点や秘密というよりは、憧れに近いものだと思ってますが。

どうでもいいですけど私、リアルの知り合いで私の本を読んだ人からは「お前らしい内容だな」と言われ、私の本を読んでからリアルで会った人には「思ってたのと印象違いました」って言われることが多いんですよね。
つまり私の書く本には確かに私の要素は存在するけども、私の本の中で前面に出ているような部分が私の前面にも出ているわけではない、ということなのかもしれません。
まぁぶっちゃけ、「お前らしいな」的なことを言われる度に内心では「貴様に何がわかる!」って思ってますがw

閑話休題。
>第二言語(時には第三言語まで!)の習得に非常に長けています
ファーwwwマジっすかwwww
私、英語が社会の次に苦手な科目だったんですが……。
けっこー色んな試験に手を出してる中、TOEICや英検には触れようとすら思っていないレベル。
まぁでも覚えゲーな嫌いなだけなので、もしかして会話メインとかで学ぼうとすればワンチャンいける可能性もある……のか……?

>多くの人々の話を聞き、わずかな人に話す
これはまぁ、ある……のかな?
私がその場限りでないガチの話をする相手は、相当に限られる(というか、普通そうなのでは……?)。
が、しかしそういう話をする時は大抵が酒が入っている時であり、そういう相手だから話すのか、そういう相手と飲むと酒が深くなるから話すのかは謎である。

>ごくわずかな人々やひとつの価値ある目的にのみに集中し
こうありたいとは思っているかもしれない。
現実なかなかそうはいかないけど、今は割とそれに近い環境にいれてるかな。

>一度に多くのことをやろうとすると力尽き
むしろマルチタスクは得意な方だと思ってたのですが……まぁ、最近はその能力もだいぶ衰えてきた感はあるけども。

>世の中のあらゆる修復不可能な悪に落胆して、打ちのめされることさえあります
>善を探求するあまりに自分自身を見失い、生きて行く上で欠かせない日常生活の維持を疎かにしてしまう可能性もあるので注意しましょう
これはないw
どこの聖者様っすかw


全体として。
なんかやたら聖人として持ち上げられてる感がありましたが、そこ以外はまぁまぁ当たってるのかな? って感じでした。

いやー、しかしアレですね。
私のコメントも思ったよか長くなったな!?
ちゃちゃっと更新するために性格診断でもやったろwwwと思って始めたはずなのに、どうしてこうなった……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR