スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
2巻、5/19(土)ファンタジア文庫より発売です!

«  | ホーム |  »

魔王様ちょっとそれとって!!

どうも、はむばねです。
漫画の感想って、時間的コスパいいよね!(一行ぶり二度目の挨拶)

まぁまぁ巻数出てても、小説一冊読むより時間かからねぇからな……。
まぁ、普通は逆の観点で見るもんですけど。
しかし、感想を書くに当っては割と重要なことなのだ……。
逆に、なろう作品は(勿論作品によるけど)滅茶苦茶時間がかかってヤバいですよね。
最近軽い気持ちで読み始めたのがあるんですが、何日経っても読み終わらねーぜ……。

というのは、ともかくとして。
本日は、ヤングジャンプのギャグ漫画のご紹介ですよっと。
ギャグ漫画の割には、感想が書きやすかった(小並感)。



あらすじはAmazonより抜粋。
>太古の昔から恐れられていた伝説の魔王様。
>勇者達に敗れ閉鎖空間「檻」に封印されてしまう。
>しかし、何故か?一緒に封印されてしまった魔法使い(勇者パーティー)と脱出方法を探しながら、なんやかんやで一時休戦…同居中ッ!!! 
>スゴイ実力を持つ二人だが…「檻」の中では“普通の人” 
>壮大な世界でスゴイ二人(二度目)がクダラナイことで盛り上がる!!? 
>そんな“魔王様ないがしろ放置DAYS”スタート♪

いやぁ、この魔王様は非常にいいですね。
「~じゃ」口調のツッコミ、滅茶苦茶好きなんですよね。
なんつーか、偉そうな口調とのギャップがよりツッコミを引き立てる感じがします。

にしても、このギャグの感じはなんかすげぇ懐かしく感じるな……。
チャキチャキ系のボケツッコミといいますか。
ストレートに変なことして、ストレートにツッコミ入れる感じね。
昔のアンソロジーで、4コマじゃないギャグ漫画とかによくあったノリな気がする。
いやまぁ昔のっつーか、最近私が読んでないだけで今でもそんなノリなのかもしれませんけれど。

にしても、時系列の自由っぷりが凄いなw
明らかな引きで終わった次の回で、普通に番外編的な話が始まったりする。
んで、何話か挟んだ後に普通に続きに戻ってくるという。
それとも、この辺りは掲載誌が違ったりしたのかな……?
一応、話数的には順番に割り当てられてるっぽいけども……。

閑話休題。
何気に世界観が奥深いのもいいですね。
ちょいちょい設定が明かされてるんですけど、全く全容が見える気がしない。
ギャグ漫画で、ここまで明確なバックボーンがある作品って珍しいのでは?
結果的にバックボーンが出来上がっていく作品はまぁまぁあると思うのですが、本作は初期段階でかなりしっかりと作り込まれているのを感じます。

ほんで、ちょくちょくシリアスが混じってくるのもアクセントになってていい感じですね。
それも「シリアス編」とか「シリアス回」とかじゃなく「シリアスコマ」レベルなのが個人的にベリーグッド。
いやまぁギャグ漫画のシリアス編も嫌いではないのですが、長く続けば続く程に「自分は何を読んでるんだっけかな……?」って気分になってくるので……。
その点、本作は9割9分ギャグの中にチラッとシリアスを匂わせるようなセリフが出て来る程度なのでね。
まぁ、そのうちガッツリとシリアスやるのかもしれませんけれど。

とはいえ、やはり本作の一番の魅力は笑いの部分ですかね。
割と、独特な笑いの産み出し方な気がします。
普通こういうストレートなギャグ漫画って、明確に常識から外れたボケキャラを配置するパターンが多いと思うのですけれど。
本作には、そのポジションが存在しないんですよね。
その最右翼として目されていた僧侶でさえも、(昔はともかく今は、性格だけを見れば)常識人寄りですし。
そして全員常識人なはずなのに、なぜかこいつらが混じり合うとシッチャカメッチャカになるというw
冷静に分析すると、不思議な構図ですね。
まぁ、大体は魔法使いのイジりのせいなんですけども。

総じて。
ギャグまみれと見せかけて時折キラリと光るシリアスも美しい、これからの展開も楽しみな作品でした。
あと、魔王様可愛い。
スポンサーサイト

コメント

>いやぁ、この魔王様は非常にいいですね。
>「~じゃ」口調のツッコミ、滅茶苦茶好きなんですよね。
>なんつーか、偉そうな口調とのギャップがよりツッコミを引き立てる感じがします。

分かる! 分かるわ!
『元勇者、印税生活はじめました。~担当編集はかつての宿敵~』の梨々がまさにそれだし!

のじゃロリ破壊神との甘々な関係にときめき!――『元勇者、印税生活はじめました。~担当編集はかつての宿敵~』
http://ranobeprincess.hatenablog.com/entry/2017/06/18/225949

はむばね先生とは好みが合いそうね!

そう言えば、モアも同じ口調だったわよね。
『育魔勇者』の魔王も「~じゃ」口調になるのかしら?

れすぽんす

>ラノベの王女様陛下
身に余るお言葉、光栄にございます。
挙げていただきました作品につきましては過分にして存じ上げておりませんでしたため、近々拝読致します。
また、『育魔勇者』におきましては「~じゃ」口調でこそないものの、また別の魅力を持った魔王を描くことが出来たと自負しておりますため、ご高配賜れますと幸いにございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR