スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

GRAND SLAM

どうも、はむばねです。
うぅ~ん……最近、どうにもこうにも調子が……。
「悪い」わけではないんですが、なんというか「上がらない」感じ。
やはり、昼夜逆転の生活が影響しているのか……。
人間、太陽光を浴びないとダメっていうしな……。
まぁ、日中に活動してる時でも大して日光浴びてねぇけど。
平素の移動時間とかマジで短いからな……。

そんなこんなで、とりあえず感想行っときましょう。
まぁまぁネタバレ入ってるような気がしなくもないけど、ネタバレを気にするタイプの作品でもないかなと思います。


GRAND SLAM 1 (ヤングジャンプコミックス)
河野 慶
集英社 (2011-07-19)
売り上げランキング: 192,759


あらすじはAmazonより抜粋。
>孤独な拳法少年・世界一心は、憧れ続けた野球部の門を叩く。
>だが同級生の蔵座直哉に入部テストを課されることに。
>窮地に追い詰められた一心は、培ってきた「秘めた力」を発揮して…!? 
>弱虫・世界一心の加入で、弱小野球部の大逆襲が始まった――!!

なんか覚えのある名前と絵柄だな……と思ったら、ユートの作画の方か。
今回は長期連載になれたようで、何よりです。

というのは、ともかくとして。
スポーツ漫画で、素人の主人公が別の何かによって培われた能力によって活躍するって展開はまぁまぁの王道ですよね。
本作においてはそれが拳法で、まぁそこまでの意外性もないかなって感じ。
ただ、身体能力無双系かな? とか思ってたのですが。
思ったよか、ガッツリ拳法要素が入ってました。
最終的には、チームメイト全員が拳法メソッドによる鍛錬に入るし。
結構スピリチュアルな内容も混ざっている印象だったのでが、これってどこまでがガチの話なんだろう。
いずれにせよ、素人目ではガチとハッタリの区別がつかないって時点で上手い作劇ですね。

ストーリーラインとしては、めっちゃサクサク進んでくなって印象。
主人公がエースになるまでが思ったよか早かった。
創部したてとか超弱小とかならともかく、一応まぁまぁ実績がなくもない野球部でこの展開ってのは少し驚きましたね。
まぁ、このチームでそこを引っ張られても……という感じではあったので、正解なのでしょうけれど。
ただ、前田先輩が超絶クソと見せかけて投手としてはちゃんとエースしてたのは良かったですね。
だからこそ、そのエースを受け継いだってとこに深みが出てた。

にしても主人公、野球素人にして投打のエース感やべぇな……。
まぁ現実、(素人ってとこを除けば)高校野球ってそういうところもあるんだとは思いますけれど。
しかし、チームメンバーがそれをちゃんと受け入れてくれてたのが良かったですね。
ここで余計な軋轢とかを出されてもストレスだからな……。
ここも、割とありがち(というかリアルに考えたら発生しそう)な展開をサクッとカットしてくれたのが良かったです。

あと、終始古藤くんの好感度がバカ高かったですね。
そもそも、主人公が入部出来たのも彼のおかげだし。
マジムードメイカー。
レギュラーになれないにも関わらず、チームへの貢献度がヤバいです。
そしてそんな彼が、最後はちゃんと試合でも活躍出来たってのは良かった。
ほんで、最もチームの和を見出してた蓮見くんの彼のことは認めてて、そしてそれが古藤くんの奮起のきっかけになったって流れも非常に良かったですね。
蓮見くんに関してはまぁまぁストレス展開も多かったけど、これで全て許せた感がある。

読み終わってから振り返ってみると、今時珍しいのでは? ってくらいの主人公無双野球漫画でした。
しかし、チームメイトとの絆もちゃんと描いてくれてるところも良かったですね。
ただこれ、ラストは凄い駆け足感があったんだけど打ち切りだったんだろうか……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR