スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞様にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winter様にて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!

2017-08

«  | ホーム |  »

金の国 水の国

どうも、はむばねです。
本日は、微妙に余裕があったので戯れに作業PCの環境整備などをしていたのですけども。
ランチャー関連いじってたら、余裕が食いつぶされたどころか普通に作業が圧迫状態になったよね。
どうにかして任意のURLをChromeにて指定したウインドウサイズでランチャーから起動できねーかな……とか思ってしまったのが地獄への道でしたね。
下手にIEなら出来てしまったのも良くなかった。
コマンドプロンプトから無理矢理叩いたりとかバッチ作ったりとかリダイレクトURL付きのページを作成したりしても上手くいかず、これもう自分でアプリ作った方が早いんじゃねーかと検討するレベルで迷走した後、結局最後の手順を手動実行することで妥協することになりました。
なお、最初からそこで妥協しておけば二分で終了する作業だった模様。
け、結論に至るまでの過程が経験となり蓄積されるものやから……(震え声

そんなこんなで、感想ですよっと。
ネタバレは、そんなにないと思います。

金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)
岩本 ナオ
小学館 (2016-07-08)
売り上げランキング: 4,900


あらすじはAmazonより抜粋。
>昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。
>
>毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、
>とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい
>慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。
>
>A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやり
>B国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい―――
>
>そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会い…!?

このマンガがすごい!2017年オンナ編第1位ということで読んでみました。
1冊で纏まってる短編(中編?)ですね。
ややぶ厚めですが、セリフも少なめなのでサクッと読めます。

というのは、ともかくとして。
いやー、これはなかなかに独特の雰囲気ですねー。
あらすじからも感じられるかもしれませんが、ストーリーラインとしては絵本なんかに近いのかもしれません。
けど、ちゃんと(?)少女漫画もしてるんですよね。

つっても、恋愛メインというわけではなく。
どっちかっつーと、敵対している二国間が如何に共存するに至るのかってとこがメインですかね。
片や資源はあるけど貧しい国、片や商業栄えてるけど資源のない国。
お互い、まぁまぁ詰んでる状態なわけですね。
んで、(きっかけはともかくとして)ガチ戦争している程に仲が悪いと。
この辺り、なんというか上手いバランスで描かれてるなーと思います。
戦争してるはしてるんですけど、血みどろな感じはほとんど描かれてないんですよね。
だから、どこかほのぼのしているというかコメディチックなんですよ。
でも、「詰んでる」感に関しては逆にかなりガチで描かれてまして。
絵面は綺麗で穏やかなんですけども、だからこそ危機感が煽られるといいますか。
凄く丁寧に「どう詰んでるのか」が説明されるので、どげんかせんといかん感がめっちゃ伝わってくるんですよね。

んで、そんな状況で国で一番美しいわけでもないお姫様と国で一番賢いわけでもない青年が立ち回るわけなんですけども。
これも、なんつーんですかね。
結果的に両国を救うわけなんですけども、スーパーヒーロー的な立ち回るをするわけじゃないんですよ。
等身大、といいますか。
いやまぁ凄いことはやってるんですけども、各々が出来ることを精一杯やってる、って感じなんですよね。
決して一人や二人だけで状況を変えたわけではなく、協力してくれる人がいて、環境と運によるところもあって、結果的に最善の結末に至った感があるといいますか。
主人公二人に概ねスポットが当たってはいるんですけども、皆がいたからこそ得られた結果って感じが凄く出てるんですよね。
この辺り、なんというか優しい感じがして好きでした。
恋愛メインではないとは書きましたが、ちゃんと二人の出会いから絆が深まるまでが描かれているのも良かったです。


いやー、つーかアレですね。
無茶苦茶感想書きにくい作品だな!?
結局のところ、ストーリー云々とかキャラ云々とかじゃなく空気感的なところがたぶん魅力なんですよね。
先述の通りそんなに読むのに時間がかかる作品でもないので、一読してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

これは良き作品ですヽ(・土・)ノ!

れすぽんす

>ツチヤンさん
流石は1位! って感じでしたね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4333)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (23)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (291)
天神周辺グルメ (43)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR