スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
2巻、5/19(土)ファンタジア文庫より発売です!

2018-06

«  | ホーム |  »

ヒール最高

どうも、はむばねです。
先に言っておくが、またしばらくは感想記事が続く予定である。
最近ちょっとインプットが滞り気味なのですが、しかしそれでも感想記事のストックはまだまだあるのだ……。
ついでに言うと、積読本も一定ペースで増え続けているのだ……。
そろそろ、「これなんで買ったんだっけ……?」って思い出せない本も増えてきているのだ……。

というわけで、サクッと今日の感想いってみましょう。
この前フリの後でアレですが、なろう作品です(書籍化もされてる作品ですが、私が読んだのはなろう版)。
少なくともなろう版の方は(結構前に)完結済み。
ネタバレは、そんなにないつもりです。


ヒール最高

異世界転生モノ。
タイトルの「ヒール」は、悪役ではなく回復魔法の方です。
転生してヒーラーとしての才能を開花させた主人公が無双する感じのお話ですね。
なお、割と前線にまで出張る模様。
回復魔法が効く系の敵が結構多いからね、仕方ないね。
あとは、マホイミ的に味方の魔力を回復させることも可能なので(あと自分の魔力がめちゃ多いので)、攻撃魔法系の仲間と協力することで強力な魔法砲台を作ることも可能。
ヒーラーの割にやたら攻撃性能高いな!?

という感じでね。
割と主人公無双系ですが、しかしあくまでヒーラーですので、普通の人間を相手にする分には戦闘能力がほぼ存在しないところでバランスが取れてた印象です。
まぁ、延々回復魔法を使い続けることで「負けない戦い」は出来そうですが。

閑話休題。
全5万字弱(文庫半冊分くらい)で完結済みということで、サラッと読めるところもポイント高いですね。
ただ、ちょいちょい「すげぇ急展開来たな!?」というところはありますが。
特に最後の方は、「ここから残りの話数でどう締めるんだぜ……?」と思ってたらなかなかのウルトラQを決められた感じ。
チラッと感想を覗いてみると、やはり賛否両論っぽいですね。
確かに、色々と掘り下げられそうな要素は多かったのにその辺りがスルーされてしまったのは少し残念かも。
ただ個人的には、どのような形であれ完結させたという点は評価したいところです(上から目線)。

あと、これは短めに纏まっているからってところもあるとは思いますが、主人公の態度がずっと大人びてたのは個人的な好ポイントでしたね。
おっさんが転生したからには、ちゃんとおっさんとしての精神性を見せて欲しい派ですので。
まぁ時間が経過するにつれて精神が肉体(あと周りの環境)に引っ張られると言われれば、それはそれで納得出来るところではあるのですが。
やっぱ未熟なところはガチ若者に任せて、おっさん転生主人公には大人の余裕を見せて欲しいとも思うのです。

本作の場合はそれもあって、全体的に落ち着いた雰囲気なのも好きでしたね。
かといって枯れきった感じかというとそんなこともなく、他のキャラに視点を移すことでそこもカバー出来ていたのではないでしょうか。
これに関しては序盤はかなり不慣れ感というか視点移動による描写重複が目立ってた感がありますが、そこも途中でかなり改善されましたし。
連載を通して作者さんの成長が見て取れるというのも、Web作品の楽しみの一つですよね。

ちな、ハーレム要素は無し。
ヒロイン一途系ですね。
結果的にそうなっただけで、割と終盤まで主人公からヒロインへの感情は保護者に近いものだった気がしますけれど。
ここも、キャラ間の関係性がスッキリしていて読みやすさに繋がっていたと思います。

総じて。
主人公が生まれたとこからのスタートで作中での経過期間はかなりのものですが、重要イベントを取捨選択するような形で短くまとまった作品でありました。
割とサクサク無双感を楽しめる、という点で爽快感もあります。
賛否あるラストも、想像の余地が残る感じで個人的には良かったと思いますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR