FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

饗宴は終わらない

どうも、はむばねです。
本日、昼ご飯を食べている時に左下の歯に妙な違和感が生まれまして。
それ以降噛む度に痛みというか違和感が噴出して、まともに噛むことが非常に困難になりました。
ので、私にしては珍しく迅速に歯医者に行ったのですけども(逆に言えば、この私が迅速に歯医者に行くレベルである)。
結論から言えば、原因不明でした。
原因不明とかシステムだけで勘弁して欲しいっていうか、いや、え、こういうので原因不明とかあんの?
ま、まぁ人体なんてどんな情報システムより複雑な構造なんだろうし不思議ではないのでしょうけれど……。

んで、対策としてはホントにそこが原因かはわからないけどとりあえず親知らずを抜くことになりました。
お、おぅ……。
しかも本日金曜は、翌日から休みで術後の経過に対応出来ないため抜歯はしないとのこと。
え、私この状態で少なくとも土日過ごすの?
更に抜歯後は痛みと腫れが発生することはほぼ確定で、しかもそれで今発生してる現象が治るかも定かじゃないという……。
なんだこれ……。

しかし、どんな状況だろうと感想は書くよ!
というわけで本日の感想は、以前に感想を書かせていただいた『たったひとつの冴えた殺りかた』の三条ツバメ 先生がなろうで連載されている作品です。


結構ネタバレしてるんで、未読の方はご注意を。


饗宴は終わらない

異世界現地モノ(たぶん)。
魔神への生贄にされるために(そうとは知らず)育てられていた主人公が、魔神の力を借りて全てを壊そうとするお話です。

……と書くと、復讐譚っぽいですが。
というか、少なくとも私はそう思って読み始めたんですが。
本作のユニークなところは、実は主人公の動機が復讐じゃないってとこなんですよね(もしかすると多少はそういう部分もあるのかもだけど)。
元々全てを壊したい願望を持ってた系主人公なのです。
主人公が育てられた環境もアレだけど、主人公自身がもっとアレだったという。
紆余曲折あって闇落ちする展開とかより、だいぶ闇が深い感じがしますね。
つーか、主人公がここまでナチュラルボーンガチ狂人なのって珍しいのでは?
むしろ、完全にラスボスのパーソナリティですよね。
というか、ラスボスの中でもだいぶピュアな悪って感じだよ……。
こっからどう話を転がすんだ……。

……と思ってたら、ヒルデさん(ヒロイン)が出てきてから一気に雰囲気が変わりました。
ダークだった雰囲気が、一気にギャグ時空に。
……と思ってたら、この子も相当アレだった。
いやまぁ、ヒルデさんの場合は境遇(幼い頃から自由を拘束され視力も奪われ利用され続けてきた)を考えれば仕方ないか。
……と思ってたら、この子も割とナチュラルボーンキラーなとこあるなw
復讐とか関係ない相手まで余裕で殺すのに躊躇ない。
やべぇな……ここまでやべぇ主人公とヒロインのカップリングはなかなか無いのではなかろうか……。
普通どっちかがブレーキ役になるもんなのに、どっちもブレーキぶっ壊れで常にアクセル全開にしてやがる……。
暴走車にロケットエンジンが更に積まれただけじゃねぇか……。

というかむしろヒルデさん、アルヴァンくん(主人公)より人を殺すハードル低い感すらある。
魔神に魅入られる程の破壊衝動を抱えた主人公より軽く人を殺そうとするヒロイン……。
魔神に魅入られる程の破壊衝動を抱えた主人公の方がブレーキ役を担うカップル……。
これはなかなかに斬新なのでは?

そして、更にそのアルヴァンくんの常識を補う役目を担っている感のあるフィーバルさん(魔神)。
オゴゴゴ……魔神とは一体……。

いやしかし、読み進めていくとわかるんですが、フィーバルさんもガチの魔神ではない様子……?
果たしてその正体が何なのかも、非常に気になるところです。

閑話休題。
当初破壊衝動以外何もないかと思ったアルヴァンくんですが、話が進むにつれて色んな面を見せてくれるようになります。
約束はちゃんと守るとか、意外にもというかなんというか良識はあるんですよね。
まぁ、まがりなりにも17年普通に(?)生きてきたわけだしな……。

というか、普通に謀も出来る。
むしろ、かなりの策士……。
まぁ、まがりなりにも17年普通n(ry
いや、というか、17年間周りを(破壊衝動があることを隠して)欺き続けていたがゆえの演技力か。
何気にこれ、応用力の高い良設定ですね。

にしても、ホントこの主人公勢徹頭徹尾悪役だなwww
ほんでこの物語、生き残る奴ほぼバーサーカーしかいねぇwww
まぁ、生き残る≒主人公に殺されない≒バーサーカー、という図式が成り立ちつつありますからね……。
辛うじて、ローネンさんが常識人枠か。
鳥だけど……。
自ら望んで鳥になっちゃった人だけど……。
常識とは一体……。

ともあれ。
物語的には、まだまだ風呂敷を広げていってるところって感じですかね。
読み始める前は凄い暗くてダークな雰囲気かと思ってたんですが(実際最序盤はそんな感じでしたが)、笑いどころもどんどん増えてきて明るいイメージに。
それでも敵対する者は徹底的に潰す容赦の無さは健在で。
今後各種大勢力も交わってきてどのような展開を迎えるのか、非常に楽しみな物語です。
アルヴァンくんが結局どこに着地するのかも非常に興味深いですね。
普通に考えるとこういう物語は仲間と心を通わせることで人間味を取り戻していくとかの展開なのでしょうけれど、彼ならばガチで世界を滅ぼすところまでいっても不思議ではなく感じるのが凄く先の読め無さに寄与しててワクワクします。
……うん、まぁ、というか現状、そもそも人の心を持ってるか怪しい仲間しかいない気がしなくもないしな……。

総じて。
容赦なく敵をぶっ潰す痛快な物語を読みたい方にオススメですね。
あと、主人公に一途でアホ可愛いヒロインを見たい方にも超絶オススメ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
350位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
142位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR