FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-12

«  | ホーム |  »

脱サラした元勇者は手加減をやめてチート能力で金儲けすることにしました

どうも、はむばねです。
本日の(ここまでの)進捗は、ルーズリーフ7枚(文庫換算約35ページ)です。
現在、合計10枚(文庫換算約50ページ)。
あれ、これ明日一日で目標(100ページ分)の半分書ききらないと届かなくね?
おかしいな、今回は結構余裕のある目標値にしたはずなのに……やはり、雑事で時間を取られたのが痛かったか……。
ま、まぁ今日まだこれから作業も続けるし、合宿は尻上がりに進捗出るもんやから……(震え

という感じのことをタラタラ書いても前回とモロ被りになるだけなので、あとは感想でお送り致します。
直接的な言及は避けているつもりですが、まぁまぁネタバレ要素はあるのでご注意を。

脱サラした元勇者は手加減をやめてチート能力で金儲けすることにしました (GA文庫)
年中麦茶太郎
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 117,826


あらすじはAmazonより抜粋。
>最強社長=元勇者が成し遂げるパワービジネス!
>手加減無用のサクセスストーリー、推参!!
>
>「大したことじゃない。会社を辞めることにしたんだ」
>全ての島が空に浮かぶ魔導と科学の世界。総合商社の若きエース天堂雷輝は出世の道を捨て自主退社した。
>
>独立後オリハルコン採掘に着手し国家レベルの資金を掌握!
>更に吸血鬼の王国に夜を永劫展開する闇色幻灯機と、それを維持するインフラを建設……雷輝は次々とビッグビジネスを成立させていく!
>やがて覇権国家『ギドラニア神聖帝国』に敵対視され――。
>
>だが彼には恐れなどない。
>なぜなら彼は、かつて史上最強の男と呼ばれた元勇者なのだから!
>世界一の強者が手加減なしで突き進む、感動のサクセスストーリー!!


何気に、ここまで清々しい俺TUEEEEEEEって久々に読んだ気がしますね。
最近……いや、昔からかな? 強いことを隠してたり、周りに知られてなかったり、自分で気付いてなかったり、何かしらの条件付きって場合が多いじゃないですか。
まぁ作劇上、その方が都合いいのは私も理解出来るんですけども。
しかし、本作は違います。
主人公である雷輝社長は設定上最強ですし、周りからも最強として扱われてますし、自身でも力は自覚してますし、力を振るうことに躊躇もありません。
それでも、全盛期に比べれば力は落ちてるらしいですが。
しかし、ほぼ何の憂いもなく俺TUEEEEEEします。
しかも、嫌味がないというか、普通に格好いいんですよね。
なんというか、言い方はアレなんですけども、ホントに『普通に』格好いい。
ただ、あるがままに格好いいんですよ。
コブラとかケンシロウとか剣桃太郎とか、往年のジャンプ主人公の格好良さがイメージとして近いかもしれません。
スーツ姿ってのも最高にクールでいいですね。
スーツ姿で戦う人、好きです。
なんというかこう、ビジネスライク感が出るというか、余裕感が出るというか、戦闘なんてあくまで日常の一幕ですよ感が出るというか。

そんな社長が主人公なので、理不尽な場面でも不快感が薄い。
というか、社長自身に動揺がないんでね。
むしろ相手が哀れで滑稽にすら感じるという。
相手の言ってることも、社会人としては理解出来るんですけどね。
そしてだからこそ、それを軽く一蹴出来る雷輝社長の格好良さが際立ちます。

社長(当時は社長ですらないけど)の過去の実績についても、なんか妙にリアリティがありました。
もちろん、ファンタジーな世界観ではあるんですけど。
あー、なんかそういうことありそー、って感じ。
これまた、だからこそその凄さが実感しやすいんですね。
ただ社長、牛丼への執着だけ強すぎワロタw
某奥さんへの仕事の紹介も、結局牛丼屋なんかい!w って感じでしたし。
いや、確かにパート先としては手頃なんだろうけど……w

閑話休題。
敵さんがちゃんと有能なのも好ポイント。
ロレンス商会の子悪党辺りはともかくとして、神聖帝国の首脳陣は凄い有能感出てた。
感情論じゃなく、ちゃんと理で動いてる感じ。
気に入らなくても状況は冷静に見えてるし、リスクも考えられてる。
やっぱ組織のトップはこうでないとですよね。
特に大きい組織なら尚更。
そのトップが有能じゃないと説得力がないと思うのです(まぁ、現実が必ずしもそうなってるのかというとアレなのですが)。

田島さんの株を一瞬で爆上げする展開も鮮やかでした。
実際、彼の主張は情けないものではあっても多くの人が似たような思いを抱いていることでしょう。
だから感情移入できる。
そう、誰もが社長みたいになれるわけではないのですから。
そんな彼が、目の光を取り戻す展開は熱かったですね。
地味なシーンかもしれませんが、個人的にはお気に入りです。
からの、結局残念なことになるのか……と思わせて、更に最後の最後で男を見せた……。
ピンチとなるきっかけを作ったのも彼ではありましたが、しかし本作の中で最も重要なシーンでキーパーソンとなったのも彼だったのではないでしょうか。

あと、シヅルさんのキャラクターが思ってたよかヤバかった。
世にブラコン設定な妹は数あれど、ここまで突き抜けてる人は珍しいのではないでしょうか。
いやぶっちゃけ途中までは、(アレな言い方ですが)まぁ十把一絡げのブラコンキャラかと思っていたのですよ。
兄にガチ惚れしてる妹キャラとか、ブラコン妹業界ではデファクトスタンダードだとすら言えますからね。
ただ終盤、やべぇコイツはマジモンやで……ってなりました。
文字通り全身全霊をかけて兄を愛してる。
そして真実、その愛こそが兄の力となっている。
感情面とかの話じゃなくて、物理的に。
そうなる展開自体はかなり前から示唆されてたんでそうなんだろうなとは思ってたんですが、まさか動機というか原因がそれだとは。
もっと無理矢理的なアレかと思ったら、セルフでやっとったんかい!w
このキャラクター性は、モノホンの才能とモノホンの変態性(?)が同一人物内に混在した結果生まれた奇跡と言えるのではなかろうか。

総じて。
徹頭徹尾社長が無双する爽快なストーリー。
力技だけでなく、ビジネス面でも十二分に魅せてくれます。
バトル面での無双好きはもちろん、戦略系無双が好きな方にもオススメ出来る作品ですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR