FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-10

«  | ホーム |  »

異世界クエストは放課後に! ~クールな先輩がオレの前だけ笑顔になるようです~

どうも、はむばねです。

moblog_a6f417a7_2018010714555257d.jpg

(ちょっと)持ち直したぜ!
熱はまだちょっとありますが、風邪の臭いも消えました。
とはいえ、去年の年始は似たようなパターンでなかなかえらいことになったんでね……。
油断せずにいこう。


それはそうと、感想です。
直接的な言及は避けていますが、展開的なネタバレがなくもないのでご注意を。

異世界クエストは放課後に! ~クールな先輩がオレの前だけ笑顔になるようです~ (HJ文庫)
空埜一樹
ホビージャパン (2017-12-01)
売り上げランキング: 29,272


あらすじはAmazonより抜粋。
>津守風也は高校生ながら、異世界を日帰りで冒険する熟練剣士!ある出来事から、彼は高校の先輩である美少女・御子戸千紘に冒険のイロハを教えることに!
>すると、普段はクールで近寄りがたい千紘が、風也の前でだけ明るい素の表情を見せてきて!?
>「やった!やったわ! 津守君、倒せたーっ!」
>「せ、先輩、性格変わりすぎじゃないですか!?」
>地球と異世界、ラブコメと冒険、二人はその両方を行き来する!!
>新感覚放課後ファンタジー、開幕!!

おっ、この始まり方は何気に新しいのでは?
主人公が、先達として異世界で『迎える』側ですか。
考えてみれば当たり前に発生してもおかしくないパターンなんですが、あんまりこういう始まり方をする作品が思い浮かびません。

というのはともかくとして。
風也くんから説明を受けた先輩の反応、妥当すぎワロタw
確かにいきなり異世界とか神とか言われたら、うん、ちょっと、ってなりますよね。
それも、現地人じゃなくて同じ日本人が話してんだから尚更。
ここも、なんかリアルでした。

にしても神様、そんなホイホイ異世界から人を呼んでるのかw
しかも、気軽に帰れるんかーいw
って、なりましたね。
更に、命の危険もない安全設計という。
これは無茶を言わない系の気遣いが出来る神様。
まだ(?)ほぼ出てないうちから好感度高い。
しかし、これも納得出来る理論ではあるんですよね。
下手に強制力働かせてもお願い聞いてくれるかなんてわかんないですし、無駄に反感買っていいこともあんまりないでしょうし。
ライトな感じで数撃って、当たりを引ければラッキーくらいの感じの方が効率的な気がします。
まぁ、召喚に制限がない(?)からこそ出来る芸当ではあるんでしょうけども。

しかしこの辺りは、メタ的に見ればというか書く立場からすると結構勇気ある決断だったんじゃねーかなーって気がしますね。
だって、主人公の選ばれし者感が凄く薄いですものね。
数撃ちゃ当たる(?)で選ばれたうちの一人に過ぎないわけですし、特別なチート能力を貰えたわけでもないですし。
でも個人的には、だからこそ本人の資質(というかやる気?)だけでトッププレイヤー(?)になった感があって良かったですね。
なんだかんだ、運で得た能力なんかで無双するよりはちゃんとした努力の末に活躍する展開の方が好きだったりします。

閑話休題。
突如地味なクラスメイトに高嶺の花が声をかけ、騒然するクラスメイトに嫉妬する友人。
という展開はよくあるものですが、その上で涙を飲み友人を応援する前崎くん、マジいい男。
そういうとこ含め、空埜先生のこの優しい世界な感じ、すごく好きです。
全体的に、雰囲気が明るくて楽しいんですよね。
ホント、みんな楽しんでるだなって空気感が伝わってきます。
神様の選別って要素もあって、優しい人が多い理由にも説得力があります。

ほんで、ラストまでこの空気感が全く壊れないというのがいいですね。
ただひたすらに、明るくて楽しい雰囲気。
少しの山場はあっても、なんというかそれは超えるべきハードルではあっても嫌なことではないといいますか。
とにかく、ストレス要素が全くないんですよね。
先輩のご家庭回りはちょっと不穏な空気がないでもないですが、そこも少なくとも1巻時点ではかなり優しい感じになってましたし。

いやこれ、実際この形で一冊としてまとめるのって難しいと思うんですよ。
私含め、凡百の作家であればストレス要素を入れて山場としてしまうことでしょう。
ぶっちゃけ、それが手っ取り早いんでね。
でも、この作品にそんなものは無くて。
恐らく、この物語にそんな要素は必要なくて。
勤労魔導士の時もそうでしたが、このひたすらに優しい世界、滅茶苦茶癒やされますし好きです。

あと、笑いどころが多いのも好ポイント。
先輩の無邪気なツッコミ、笑うw
もはや無意識に厨二ゼリフが出てしまう空也くんと、いいコンビですね。

総じて。
徹頭徹尾、明るく楽しい物語。
優しい世界に癒やされたい方にオススメの作品です。
あと、先輩可愛い。
ニーナちゃんも可愛い。
というわけで、可愛い女の子たちが楽しそうに過ごす物語が読みたい方にもオススメです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
374位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
157位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR