FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-09

«  | ホーム |  »

町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

どうも、はむばねです。
体調の話はもうえぇやろ。
大体横ばいか、やや回復程度な感じです。
というわけで、さっさと感想いってみよう。

今回は、割と最初から最後までネタバレしてますのでご注意を。

町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

異世界転移モノ……で、いいのかな?
現代で死ぬ代わりにチート能力を貰って異世界に行く系です。

なんですが。
藤原さん(主人公)、異常事態に対する耐性高すぎワロタw
突如謎の空間に転移して皆が混乱する中、神様的存在を神様的存在だと逸早く見抜いて土下座るスピード感と潔さよ。
これが……これが、社畜……!(?)
いや、でもこれで十代なんスよね……。
2年でそれだけのスキルを身につける程の社畜生活だったというのか……。
まぁでも、これが最強のチート能力を得る理由になるわけですからね。
神様、意外と根に持つタイプでワロタw
でも、「たまたま最強のチートだった」よりは断然説得力があって良かったと思います。

にしても知識チートとかで結果的に街を作っていくとかじゃなく、ガチで街を作る能力ってのは珍しいですね。
シムシティ系?
いや、実はシムシティやったことないんでイメージでしかないんですけども。
タイトルにも冠してる通り、『異世界に日本都市を作る』ってコンセプトが明確でいいと思います。
ただ実際には、それに加えて人間模様と国家間の争いの描写にもかなりの尺が割かれてる作品なんですけどね。
なんだったら、そっちの方がメインまである。
中盤から、街作りとか半ば攻撃・防御能力と同義となりつつあったからな……。
いや、当然街がどんどん大きくなっていくワクワク感はあるんですけどね。
『現代では使い古された感動的シーンも異世界なら新鮮なはず』『ありふれる程に使われたのは説得力があるから』メソッドを自覚的に使いこなす藤原さんの策士っぷりも楽しめる要素の一つ。

というのは、ともかくとして。
現代のものが価格100倍になるという制約、最初は「キツいなー」と思ってたんですけども資金力を考えると実はそうでもない感じですね。
確かに、1千万が10億になったところで元本が1000億円あるわけですからね……。
スキルそのものもそうですが、この資本が一番のチートでは?
普通に、現代で10億持ってるに等しいわけですからね。
つーか、普通に初っ端から現代生活満喫しててワロタw
そして、最初のヒロインがラクダなのにもワロタw

しかし、WEB小説では最早珍しいことでもない印象ですが、時間の経過が爆速ですね。
街作りともなればいちいち経過報告されてもアレなんで、この辺りのスピード感はグッドですが。
あと、ヒロイン不在も最近では珍しくない感じ?
#2016年発の本作を『最近』のカテゴリに入れていいのかは議論の余地アリでしょうが。
ガチで、ほぼ終始ラクダがヒロインとして一強だからな……。
最終的に、ほぼガチ正ヒロインポジだしw

という感じでそのままゆる~い雰囲気でいくのかと思いきや、普通に戦闘もアリなんですね。
でもここは、ちゃんと現代人っぽい感覚で現代兵器を用いた戦闘って感じで良かったです。
にしても、マジモンの容赦無さだでワロタw
先に仕掛けてきたのが向こうとはいえ、敵対する者は徹底的に潰しきる感じよ……。

という感じで、最初の戦争を無事(?)クリアしてからの。
このまま順調に目標クリアまでいくのかなーと思わせての急展開には普通に驚きましたね。
なるほど、これは確かに『プロローグの終わり』ですわ。
そして、この辺りで完全にカトリーヌ(ラクダ)がヒロインポジを確立しててワロタw

それぞれが手にしたカードが不明であるがゆえの、転移者同士の読み合いが成立してる感じも良かったです。
その中でも藤原さんがダンチでチートスキル得てるってーのが、自分たちが得たスキルを基準にしてるからこそ想像出来ないってのも。
つーか紆余曲折はあれど、なんだかんだ戦闘面ではずっと無双なんですおyね。
人間(?)関係的なところはちょくちょくアレですけれど。
そこで揉めはするものの、いざ戦闘になると圧勝。
この辺りのバランス感覚も良い感じだったと思います。

んでんでんで。
終幕は、キンクリ+超展開ですか。
んー、まぁ確かにかなり群像劇的にはなったものの。
結局これは藤原さんの物語であり、そこに帰着したって点は良かったのではないでしょうか。
最終的に、藤原さんがこの世界の守護神的な存在になったわけですしね。
途中の、「藤原さんがいなくなったらどうするのか」問題に対して「藤原さんは半永久的にいる」というアンサーにはやや力技感を覚えないでもないですが。
序盤から一貫した無双感が突き抜けた感じで、この作品らしいラストだったのではないかと思います。

総じて。
街がグングン大きくなっていくワクワク感と、いざ戦闘になると圧倒的な無双を見せる爽快感があり。
しかしそれだけの単純な構造ではなく、複雑な国家間及び個人間の思惑が錯綜する壮大なストーリーだったと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
215位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
91位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR