FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』2巻3/19発売!
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』2巻準備中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ダンジョンを造ろう

どうも、はむばねです。
もしかしたらこれ(今やってる作業)は間に合わんかもわからんね。
完成することを信じて全力疾走すべきか、完成しない前提で最低限はまとめる路線に切り替えるべきか……迷うターンに入ってきました。

つーわけで、時間もないのでさっさと感想いきましょう。
今日もかなり最後までのネタバレしてるのでご注意を。


ダンジョンを造ろう

ぶっちゃけ、誤字脱字がめちゃんこ多いです。
個人的には、一応脳内変換出来る範囲でしたが。
そういうの気になる方はご注意を。

というのは、ともかくとして。
異世界転生モノ。
魔王に転生した主人公が、引きこもるために最強のダンジョンを造っていくお話です。
とはいえ、タイトルとは裏腹にダンジョン構築要素自体はそんなになかった印象ですね。
どっちかっつーと、部下育成と外交がメインな感じ。
まぁ、広義で言えばそこも含めてダンジョン構築なんでしょうけれど。

しかし、この手の作品はまず序盤のハクスラ感がワクワクしますね。
一体何が出来るのか、ここはどんな世界なのか、自分はどんな存在なのか。
主人公自身が、何もわかってないのでね。
説明書も読まずにゲームを始めた時のようなドキドキが味わえます。
まぁ、本人は生きるか死ぬかすらかかってるので別の意味でドキドキしてるんですがw

ちな、基本的にヒロイン不在に近い作品なのですが。
恐らくヒロイン? な剣聖の弟子アリスさんが最初期から登場します。
で、この方、くっ殺系ヒロインかと思いきや。
神速でポンコツ化しててワロタw
ポンコツヒロイン……可愛い……。
ただ、戦力的にはずっと第一線級。
脳筋可愛い。

そんなアリスさんよりも(一応)強いノブナガ様(主人公)。
主に防御振りですが。
ただ、地味にチートなのってダンジョンでも重力操作でもタングステン装甲でもなくドッペルゲンガーの固有スキルです。
いや、他も十分にチートなんですけど。
変身した相手の情報を全て得られるとか、便利すぎんよ。
派手ではないものの地味に強スキルが揃ってることもあって、ストレス展開は基本無しです。

本人そこまで深く考えてないのに、勝手に周りが色々と察していく様も笑えますw
でも本作の場合、結果だけ見ればそれも勘違いってわけでもないんですよね……。
つーか、ノブナガ様の『人でも魔王でもない』のがいい感じに不気味。
そこが設定倒れにならず、ちゃんと表現されてるのが凄いと思います。
人間の記憶を持っているので、ちゃんと社会ってものを理解してるし無意味に争うこともない。
でも人間としての感覚は消えているので、残酷な手も割とサクッと使える。
上手いバランスですね。

最初は無能ムーブかと思われた貴族の皆さん方も、蓋を開けてみればちゃんと深慮してるってのもグッド。
まぁ情勢は読みきれてないわけですが、しゃーないよなって感じ。
各々ちゃんと思惑があって、それが絡み合ってる様が面白いです。
そして、結果的に漁夫の利を得るノブナガ様よ。

ただ、ラストは……うーん……打ち切り、なんですかね?
とはいえ帝国のいざこざを片づけ、亡き友の願いも受け入れて一区切り、というキリの良い終わりだったのではないかと思います。
他の勢力はともかくとして、闇の精霊とかはマジ何やってん、という話ではありますが。
エタらず一区切り付けて終わらせてくれたのはグッド。

総じて。
安全に引きこもるためのダンジョンを作る魔王様がコミカルでありつつも、サクサクと事を成していく様が爽快で。
やがて世界中を巻き込んでいき、各勢力の思惑が渦巻く叙事詩的な楽しみもある作品でございました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
278位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
116位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR