FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-10

«  | ホーム |  »

婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ

どうも、はむばねです。
ふっ、当ブログも感想ブログとしての姿を取り戻しつつあるな。
……というネタも、もう何度目でしょうね。
もう皆さん飽きてると思うんで、例のツッコミは省略しますけども。
ただ、「あ、この人はたぶん私のことを作家というよりは『ブログに書く人』として認識しとるな」と思う瞬間は稀によくある。

というわけで、感想です。
まぁまぁネタバレはしてますが、まぁネタバレをそんなに気にするような作品でもねぇかなぁという気もする。


婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ

悪役令嬢モノ………………かな? 一応。
まぁ大体タイトル通りなんですが、完全濡れ衣で投獄された令嬢が全力で監獄ライフを楽しむお話です。
というか牢獄とは思えない豪華な暮らしをしつつ、ちょっかいをかけてくる濡れ衣を着せてきた皆さんを返り討ちにしたり逆に嫌がらせしたりするコメディですね。

しかしこの作者さん、短編がほとんどとはいえめっちゃ婚約破棄ものを書いてらっしゃってワロタw
婚約破棄への愛(?)を感じるぜ……。
しかしだからこそ流石というべきか、第一話からの引きが強いですね。
レイチェルさん(主人公)のふてぶてしさの片鱗が既にまぁまぁ表れている。

そして、ご両親が全力で娘のアレな面を把握しててワロタw
つーか、婚約破棄によって変わったとかじゃなくて元から全力でアレなのを抑えつけられてただけなのかよ!w
ほんで、変な方向に両親の信頼があるのも笑うw
直接殺るんじゃなく頭を使って殺るだろう、って方向の信頼だけどな!
そして、実態はある意味でそれよりも酷いというw

にしても、マーガレットさん。
婚約破棄だとか悪役令嬢モノでここまで寝取りヒロインの影が薄い作品も珍しいですね。
この子ほぼ、ただサンドバッグ(物理)になっただけや!
まぁ養護できないレベルにアレな方ですし、レイチェルさんとは同じステージにすら立ってないからね、仕方ないね。

そして、用語出来ないレベルにアレなのは元婚約者たる王子も同じなのですけれど。
この王子、打たれ弱い割にHPは割とあるという。
いい加減諦めろよwww
……と思ってたら、中盤くらいからホントに諦め気味でワロタw

と、そんなアレな方々をあの手この手で追い返していくわけですが。
中でもヘイリーくん(ペットのお猿さん)、何気に作中で一番悪質でワロタw
やっぱ、悪意がない悪っていうのが一番邪悪ですね……。
……と思ったけど、少なくともこの物語に限って言えば悪意のあるお嬢様の方が億倍邪悪だったわ。

んでんでんで。
満を持して登場した(?)王子様の弟くんもまた別方向にダメーオーラしかなくてワロタw
こいつら、なんでそんなに性癖を優先したがるんだよw
ていうかこの王家、もう駄目なんじゃない……?
まぁでも、そんなだからこそレイチェルさんが必要であると言われれば説得力しかない。
思えば、ここで弟くんが普通に優秀だったら普通に継げばえぇだけやんって話ですしね……。
ただ、なぜ(一応)まともなあの夫妻からこのような兄弟が育ってしまったのか。
いやまぁそういう意味ではレイチェルさん姉弟もなかなかにアレなので、この世界ではそういうものなのかもしれない。

マーガレットさんは、母親の決断(?)に対して理解を示すところとかある意味でキャラは一貫してましたねw
一周回って最終的には結構好感度高くなってたわw
あとは、レイチェル様のサンドバックとしての余生を過ごしてください……。

最後は、まぁあっさり気味ではありますが、そこも含めて非常のこの作品らしいラストだったと思います。
ていうかもうレイチェル様、世界征服にでも乗り出した方が手っ取り早いんちゃうか、という気すらしますがw
比較的短めですし、サクッと読めて笑える物語をお求めの方にオススメの作品ですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
281位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
115位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR