FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-12

«  | ホーム |  »

(この世界はもう俺が救って富と権力を手に入れたし、女騎士や女魔王と城で楽しく暮らしてるから、俺以外の勇者は)もう異世界に来ないでください。

どうも、はむばねです。
伊藤ヒロ先生作品感想祭り第一弾、ちょっと間は空きましたが継続中ですよっと。
ここまで間が空いたらもう『第二弾』と銘打つべきなのでは? という気もしなくはないですが、去年/今年に読んだ分という区分けにしてるのでこのままいきます。
つっても、第一弾はこれで最後なんですけどね。
同時に、去年読んだ本の感想もこれでラストとなります。
まとめ記事については、また近日中に。

というわけで、いってみましょう。
今回は、普通に(?)まぁまぁネタバレしてるので一応注意かな?




あらすじはAmazonより抜粋。
>【問】《地平》に新たな異世界勇者が現れました
>【答】今すぐ地球に追い返せ!
>死闘の末、異世界を救った俺はこれからの人生を勝手気ままに謳歌しようとしていた。
>だが、何故かその後も地球からの転生勇者がここ《地平》にわんさか湧いてきやがる。
>ふざけんな! この世界は俺のものだ!
>女聖騎士も魔王の少女も、エルフも獣人も、一般人も、この世界にある全てのものは、絶対誰にも渡さない!
>ニート? チート? 居酒屋? 自衛隊? 誰が敵でも関係ねえ! 他の勇者は、絶対俺が地球に追い返す!
>知恵と勇気とハッタリであらゆる異世界勇者を追い返す、ドタバタファンタジー開幕!

おっ、比較的綺麗な伊藤ヒロ先生作品だな(当社比)。
ぶっ飛びっぷりが、(他の作品に比べれば多少)控えめ。
このタイトルなのに!
このタイトルなのに!(大事なことなのd(ry

物語開始早々、無抵抗の召喚勇者を全力でボコる主人公には笑いましたがw
というかこの男、姑息な手段を使うことにかけては実に有能である。
異世界転移モノあるあるをあえて勇者にやらせるよう仕向けることで時間を稼ぐとか、笑うわwww
いや、しかし普通にこの発想はなかった。

という感じで、全体的にシュウイチくん(主人公)のゲスっぷりが清々しくて笑えますw
『ザ・既得損益』、こんな二つ名を冠する主人公がかつていただろうかw
ただ、二つ名に混ぜ込んで見た目の説明すんなwww
二つ名ってそういうんじゃねーから!

とか、例によってツッコミどころは随所にありつつも。
シュウイチくんも、自分の既得損益を守るためという面はあってもちゃんと他の人のこと考えての行動でもあり。
ただのゲスじゃないところが気持ちいいです。
自分の既得損益を守るという面はあっても(大事なこt(ry
ちゅーか、少なくとも世界を救うまでは割と普通に勇者っぽい感じだったっぽいですよね。
今でも、なんだかんだ普通に良い人感が出ちゃってるところが好き。
それはそうと、露骨な「エロに興味ない」アピール連発するのやめーやwwwわろてまうやろwww
あと、伊藤ヒロ先生作品の主人公ではお馴染み『勘違いするなと言われたから勘違いしない』ムーブも笑うw

にしても、各章で取り上げる題材が酷いな!?(褒め言葉
居酒屋ぼぶwww平たい顔族www斯く戦えりwww
いやしかし、ジャスコの件もあるしワンチャン公式の許可を得ている可能性も……?
………………なさそうだな!(あとがきを読んで

しかし居酒屋の話とか、カオスで始まりでカオスで推移していくのに普通に良い話での〆に持っていく豪腕っぷりは相変わらず凄いですね。
しかもこの章に関しては、飛び道具もなく割と順当に(?)良い話になった感じ。
ラーラさん、獅子奮迅の大活躍や!
そして、結局見事新たな利権を獲得するシュウイチくんよw

他方、自衛隊の話では、コジマさんの件はシュウイチくんのオーバーリアクションからもっと因縁のある相手かと思ったら全然因縁なくてワロタw
まーでもあんまり因縁のない相手だからこそ会うのが嫌、というシュウイチくんの気持ちもリアルではありますよね。
なんというかこう、劇的なドラマがあるわけでもないからこそ逆に乗り越えづらいっていう。
だからこそ、それを乗り越えた(?)シュウイチくんは普通に格好良かったです。
ブラ姿に比べれば全ては何も恥ずかしくないぜ! ってオチではあってもな!

ていうか、ブラのくだり伏線だったんかいwww
伊藤ヒロ先生のロングパスには慣れたつもりだったけど、これは流石に予想外だったわwww
ブラの開発過程で時間停止と重力操作魔法が開発されるっていう時点で草生え散らかしたので、そこで完結したネタだと思って油断してたw

あとメルルヴィアさん、終盤にかけて変態度にブーストかけてくるのやめーやwww
普通にドン引きしてるシュウイチくんが常識人に見えてくるやろwww

っと、閑話休題。
『魔法のある世界では卑怯に限度がない』というのは、なるほどという感じ。
まー確かにそうですよね。
文字通りの何でもアリなわけですから。
しかしその辺りを、上手~い具合に利用するシュウイチくんの手腕よ。
絶妙に「おま言う」と言えそうで言えない感じw
結局のとこ、シュウイチくんは全員の幸せのために動いてるってのが大きいですよね。
自分の既得損益を守るという側面もあってもw

という感じで、総じて。
タイトルからイロモノ系かと思いきや……まぁイロモノ系であることも否定は出来ないけども、ちゃんと真面目に異世界を守るお話(でもある)。
とはいえ伊藤ヒロ先生らしさはもちろん健在で、随所で笑わせていただきました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
260位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
106位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR