FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-09

«  | ホーム |  »

異世界創造の絶対神1

どうも、はむばねです。
はいはい感想感想。
結構頑張って読んでるつもりなんですが、このままのペースだと今年中に100冊読めないことが判明して草w
100冊ってそんなに高いハードルだったっけ……言うて週2で読めばいいだけの話やろ……?
いやまぁ、冬の間にあんま読んでなかったことが原因なのですが。
そういう意味では、『今の』ペースならたぶん間に合う計算ではある。
しかしここに来て徐々に忙しくなってきており、またインプットが滞る予感。
マジで、読める時に読んでおかねば……。

というわけで、感想いってみましょう(雑な繋ぎ)。
本作は、一昨日までちょっと連続で感想を上げてた『魔法剣士のエクストラ』の若桜先生の別作品ですね。
割と終盤までネタバレしておりますのでご注意を。

異世界創造の絶対神1 (HJ文庫)
若桜拓海
ホビージャパン (2016-09-30)
売り上げランキング: 955,746


あらすじはAmazonより抜粋。
>全ては神<ボク>の思うがまま!!
>
>高校生・天霧シンは神である。
>突然異世界に飛ばされた挙句、世界を創造し、思うが儘に改変する力を手に入れてしまった彼は、異世界に飛ばされて戸惑う彼を救った騎士の少女、ティナの手助けをすることを決意する。
>鍛冶師として国になじみ、ティナとの交流を深めるシン。
>しかし、ティナに待ち受けていた運命とは、神としての記憶を封じる前の自分<シン>が定めた、死の運命だった――!!
>全能系異世界バトルファンタジーここに開幕!!

若桜先生の主人公最強描写、好き。
にしても今回は、あまりにも無体なレベルの強さでワロタw
ガチの(割と本来的な意味での)チートやんけwww
流石は『神』やでぇ……。

一方、ティナさん(ヒロイン)の優しさは聖女級やな……。
……と思ってたら、マジで『聖女』って言われてるのか。
まぁ、さもありなんというところではある。
ぶっちゃけ客観的に見ると、シンくん(主人公)の存在とか言動とか怪しさ大爆発ですからね。
それを、(自分が信じてあげないと)この世界で一人ぼっちになっちゃうから、とかいう理由で信じられるとはな……。
いっそ、心配になってくるレベル。
大丈夫? 怪しい壺とか買わされてない???

そしてあと二人のヒロイン、シロさんとクロさんもまた色んな意味で濃いなw
大丈夫? 忠義心ちゃんと設定されてる???

にしても、わけわからん状況に放り出されるというのは異世界転移の王道の一つではありますが。
そのわけわからん状況が過去の自分(ただしその頃の記憶はない)によって引込されているというのはなんとも皮肉な状況。
(覚えはないけど)自分がやったことだけに、気持ちの持って行き場が難しいところですね。
とはいえ、シロさんクロさんに八つ当たりすることなく自分自身をその対象にしたシンくんはえらい。
こういう細かいところで好感度を積み重ねてきますね。
しかしシンくん、煽りスキルも一級品でワロタw

ティナさんが、実のところ『ただの良い人』ってわけじゃなさそうってところも流石。
こういう側面があると、キャラの深みが増しますよね。
……と思ってたら、天然気味なところはガチなんかいw

しかし、衣食住保証された天空の島付きとは至れり尽くせりですね。
しかも、A5和牛のすき焼きなんかも出してくれるというw
異世界感はゼロですがw
これは恵まれた環境やでぇ……素直に羨ましい。
こう、主人公に対して『羨ましい』と思わせる要素って重要ですよね。

シンくんの工房が爆速で超人気店になるのもワロタw
その間、僅か三行である。
神の力を使ってるからね、仕方ないね。

国が滅ぼされるのも一概に悪いこととは言えない、というのも、なるほどという感じ。
国民からすれば上が変わるだけですし、むしろ滅んだ方が環境が良くなるパティーンすらあり得るわけですね。
今回の場合が、まさにそうなわけですけれど。
こういう説明をする時は、クロさんはガチ有能ですよね。
普段は下ネタ王ですがw
ともあれ、自分の考えが浅かったことを素直に認められるシンくんも素敵。

んでんでんで。
騎士さんたちはチンピラだったわけですが、その最上位である聖騎士さんが普通に有能だったのも良いですね。
シンくんの、あえて無礼な態度を取るスタイルにも平然と対応してましたし。
散々言ってる通り、ワイは上に立つ人が普通に有能な作品がめっちゃ好きなんや……。
とはいえ、国の中枢がスパイ天国だったりと国そのものはマジ終わってる感じですが……。

からの、他ならぬシンくん自身が国をぶっ壊す展開ですか。
この無茶苦茶っぷり、まさしく『神』ですねー。
最後は人の手で、と託すところも神っぽい。
シンくん、立派に神ムーブしてますなー。
かつての(記憶をなくす前の)シンくんが必要としていた最後のピースこそが『人の心』だった(のではなかろうか)というのも、なるほどという感じ。

そして、最後はとても気になる予言(的なもの)をぶっ込んできましたねー。
果たしてこれがどんな形で訪れるものなのか、今後の展開が楽しみです。

という感じで、総じて。
文字通り、『神』となった少年の物語。
壮大なスケールを予感させつつも軽妙なやり取りが楽しく、続きを読むのも楽しみな1巻でございました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
364位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
149位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR