FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-09

«  | ホーム |  »

魔法剣士のエクストラ5

どうも、はむばねです。
今日は完全に夏の空気感でしたねー@福岡。
気温もさることながら、あのムワッとした感覚やアスファルトの熱せられた匂いが凄い『夏!』感が出てました。
ちょっと涼しい夏の日、という感じ。
……こいつ、昨日の今日でまた気温の話してるな?
こ、今回は気温そのものじゃなく空気感の話なのでセーフ……。

というのはともかくとして、感想です。
全体的にそこそこネタバレしておりますのでご注意を。

魔法剣士のエクストラ5 (HJ文庫)
若桜拓海
ホビージャパン (2015-07-31)
売り上げランキング: 880,406


あらすじはAmazonより抜粋。
>大魔決戦祭直前、エリサは過去と対峙する!!
>レガリアマギカへの登壇権を争う四臣戦。
>予選を勝ち残ってその一枠に収まり、また一歩頂点へと近づいた紗奈美たち新星魔導騎士団だが、その最初の相手・教導銃騎士大隊との戦いにおいて、エリサは己の過去を知る因縁の相手と対峙することに。
>一方零人は、戦いに積極的ではない特異な使徒座との邂逅を果たし、使徒座の真の目的へと迫る――。

前巻の感想はこちら

おっ、今回は(1ページ目こそ不穏ですが)割と明るい感じのスタートですね。
エリサさんはちょい思いつめ気味かもですが、それも前向きな気持ちあってこそですし。
からの、零人さんとの『特訓』風景も久々。
リンデさんが加入してからは、自主訓練がメインでしたし。
零人さんは零人さんで、裏で色々忙しかったですしね。
しかし、やはりこの秘密の特訓感というか、零人さんから直々に伝授される感じは良いですね。
にしても、割と脳筋気味の強化方法で草w
しかし、結果的に発生する事象はともかくとして、ちゃんとゴリゴリ理論立てて説明してくれるのが零人さんらしさ。
からのラブコメ時空発生はワロタw

にしても、今回は公私共に(?)エリサさんメイン回ですね。
ほんで、過去最大のラブコメ回だなwww
リンデさんとアンさんについては、初ラブコメ?
3人から5人に増えたこともあり、零人さんが押されっぱなしで笑うw
戦闘なら無敵の零人さんも、こっち関係は一般的なラブコメ主人公レベルですね……w

かと思えば、突然の接敵。
いや、マジで突然だな……敵ながら、もうちょっと流れとか読んだりしないんかいw
今までの人は、割とそういうとこあったのに。
まぁ考えてみれば、元々一枚岩ではない……どころか、露骨に意思の統一が取れてなさそうな集団ですしね。
……とか思ってたら、ここでもラブコメ時空(?)が発生してて草ぁ!w
なんか堕天宣団の刺客の方々、巻を追うごとに自由な人になっていってない……?w

一方、エリサさんが抱えた『過去』は思った以上に重い感じ。
ほんで、アルマさんも予想以上にエグいですね。
アルマさんというか、コミュニオン全体が、ですが。
生徒を使い捨てにする方針とか、ちょっと必死すぎんよ……。
しかし、だからこそ『覚醒』の場としてはこの上ないですね。
そしてエリサさんの『覚醒』が『乗り越える』とか『受け入れる』とかじゃなくて『振り返る』ことだったというのも熱いポイント。
こういうとこでテンプレを裏切ってくるのが流石若桜先生ですね。
結局『覚醒』しても真っ向からの力勝負ってところも、実にエリサさんらしいと思いました。

んで、敵さんの根幹に関わるっぽい? 情報も出て参りまして。
いよいよレガリアマギカへの出場権へも王手がかかり、続きがますます楽しみ……では、あったのですが。
2015年を最後に続刊が出ていないということは、そういうことですよねぇ……。
残念ですが、まぁ仕方ない。
(他の若桜先生作品に)切り替えていきましょう。

という感じで、総じて。
重い過去を受け入れての覚醒が熱く。
今回はラブコメ感強めにしてシリアス感も強めと、両面で魅せてくれた5巻でございました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
438位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
176位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR