FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-09

«  | ホーム |  »

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 4

どうも、はむばねです。
はいはい、感想感想。
というわけで、中一日空けて今月1日発売の新刊の感想でございます。
今年は積極的に新刊の感想も上げていきたいと思っているのですが、なかなか実行出来ておりません。
新刊って、なんでしばらくすると新刊じゃなくなるんでしょうね?
マジで、ちょっと積んどくといつの間にか新鮮さを失っていきますからね……。
下手な野菜より足が早いまであるで。

ともあれ、今回は新鮮なうちに感想を書けたのではないでしょうか。
なお、結構ネタバレ要素がありますのでご注意を。


魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 4 (HJ文庫)
かじいたかし
ホビージャパン (2019-07-01)
売り上げランキング: 33,417


あらすじはAmazonより抜粋。
>イザヤが倒したはずの魔王が復活!しかも美少女なんですけど!?
>
>錬金術普及のため、雪と氷の国にやってきたイザヤたち。
>みんなで雪合戦をしたりスケートしたりと楽しい時間を過ごしていると、突如、ナナという仮面の少女が現れる。
>「こんにちは~。あたし、復活した魔王だよ☆」
>なんか魔王が復活してるんですけど!? 
>しかもナナは「復讐のチュウだ☆」と、なぜかイザヤの唇を狙ってきて……。
>「今度は魔王娘ですか。イザヤさん、あなたという人は……」「いや全く知らない子なんだが……」
>この少女は本当に魔王なのか?その正体は?スイート錬金生活第4弾!!

前巻の感想はこちら

相変わらず1ページ目からカオスofカオスで草w
パパ呼びすることを『パパ活』と称するなwwwそんなもんに金を払うなwww
ていうか、悪酔いするのわかってるんだからいい加減酒は自重しろwww(ブーメラン
しかしこの作品の恐ろしいところは、別に酔ってなくてもカオスなところなんですよね……。

とか思ってたら、やっぱり本編始まってもカオスで笑うわw
からの、今回の新キャラは自称魔王な女の子・ナナさんなわけですが。
初登場からやっぱりカオスw
しかし、真意が謎なことを除けば意外と言ってることはまとも感があり。
この面子の中にあっては、むしろ一番常識人ポジまであるで。
本来の常識人ポジであるはずのヨメさんは『パパ菌』とか言ってるしな……。
この世界における『パパ』、我々の持つ概念とは別物説。

ただ、今回に関しては流石にイザヤさんの油断っぷりも目立ちますがw
いや、元々そういう人ではあるんですけども。
仮にも魔王を名乗る存在への警戒心が薄すぎるw

しかし、ナナさんの正体はそういうことでしたか。
まさか、マジのガチで『パパにされた』事例が存在するとはな……。
これはちょっと、シリアスなのかコメディなのか判断に迷うぜ……。

ともあれ。
今回の山場の一つが、イザヤさんのキスを賭けたトーナメントなわけですが。
イザヤさん本人参戦でワロタw
「男なら、女の子になって(中略)自分で守りなさい」って字面がカオスすぎるwww
ほんでイザヤさん、そんなんで説得されるなwww
イザヤさんの説得チョロすぎ問題である。
そして、なんだかんだで勝ち上がるのも草w
とはいえ、捨て身(?)で勝利を掻っ攫うところは流石でした。
他ならぬヨメさんとナナさんのため、というところがイザヤさんらしいですね。

んでんでんで。
VS魔神さんでも、流石の活躍を見せてくれまして。
ナナさんを呼び戻すところも、熱いシーンなのですけれど。
『パパ活』、まさかのここに向けての伏線やったんかいwww
この辺りはもう、どういう顔して読めばいいのかわかりませんでしたねw

という感じで(?)、総じて。
今回も、カオスでありながらも優しい世界が絶妙なバランスで描かれており。
心温かくなりつつも、大いに笑わせていただきました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
320位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
124位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR