FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-09

«  | ホーム |  »

オネエ軍師 ~庶子たちの戦争~

どうも、はむばねです。
4日ぶりなので全然久々でも何でもないのに、なんか感想更新が久々という感覚。
まぁ実際こないまだでのは書き溜め分だったので、新規で書き下ろしたのは久々だったりするのですが。

という読んでる側にとってクッソどうでもいい話をしつつ、時間がないのでさっさと感想入っていきましょう。
ラストまでのネタバレを含んでおりますのでご注意を。


オネエ軍師 ~庶子たちの戦争~

異世界転生モノ。
前世の知識と『魔女』の力を持った主人公(オネエなイケメン)が、暗殺されかけてた王女を助かるところから物語は始まります。

にしても、転生したオネエ口調の主人公……何気に、これは新しい設定では?
しかもその背景、及び必要性がちゃんと提示されてるので納得感があります。
イケメンなオネエとハンサムな王女とのバランスも良いですし、第一話から大きく状況を動かしてキッチリ引き込んでくれますし、これは上手い。
最序盤からノイエさん(主人公)がオネエなのに普通に格好いいところも良きです。
身内がちゃんとその能力を評価してくれてる点もグッド。
……と思ってたら、(人狼への転生、魔王の副官の)漂月先生か。
それならば納得、という感じです。
というか、書籍化してないのが信じがたいレベルのクオリティ。
改めて、クオリティが高ければ上がっていけるわけではない、というのを見せつけられた気分です。

と、いうのはともかくとして。
この複雑な関係にありながら家族仲が非常に良いのが微笑ましい。
これについては、ノイエさんが転生者で大人の振る舞いを出来たからというのも大きそうですが。
にしてもノイエさんが弟くんから母性を求められてる辺り、本当に複雑な関係で草w
とか思ってたら、リン王女までノイエさんを母親とみなし始めてワロタw

ともあれ、父上を筆頭に身内も甘いだけでなくちゃんと有能なのが大変に好ポイントです。
にしても、その中にあってノイエさんが汚れ役担当というのは笑うw
日本人の倫理観ェ……。
まぁ異世界には異世界の流儀があるからね、仕方ないね。

また、敵方にも切れ者が複数いるのもグッド。
散々言ってることではありますが、無能な敵を崩しても「まぁ、そうなるな……」としかなりませんからね。
有能な敵を、それを上回る策で打ち破るからこそカタルシスが生まれるというものです。

にしても、ノイエさん……というか、『魔女』の力は相当に無体だなw
この御方、転生とは関係なくチート持ちである。
とはいえ、簡単に習得出来るものではないというのがバランスが取れてますね。
確かに、7割成功に命を賭けるのは割と文字通りに致命的すぎる。
しかもその存在を秘匿しないといけないとなれば、学問やら武術の方が有用な場面が多いというのもなるほどって感じ。
まぁそれ以上に、魔女の力への『適正』が不幸によるものだからというのが大きく。
ノイエさんがリン殿下にそれを語ること自体が、彼女……じゃねぇ、彼の誠実さを表していますね。
そしてそれに対して真っ直ぐ応えるリン殿下といい、良いコンビという感じがします。

ともあれ、人間関係の機微についてはまさしく年の功と言うべきか。
相手のタイプを推察し、本当の意味で歩み寄るのが無理なら利に徹するという合理的な考え方は転生者ならではといったところなのでしょう。
そして、そんなノイエさんが結果的に味方を引き寄せる様も良き。
にしても、教皇様の思い切りの良さは凄いなw
狸と言うべきか、狼と言うべきか。

他方、敵のツバイネル公もさるもの。
内でも外でもバタバタしている状況で、キッチリ最善手を打ってくるこの感じですよね。
先述の通り、敵方もちゃんと強者だからこそそれに挑む物語が映えるというものです。
暖かさと冷酷さ、二陣が対比的な構図になってるのも良き。
自分では薄情者を謳ってますが、なんだかんだノイエさんも情に厚い人ですからね……。
まぁ、相手陣営の内情まで加味して搦め手を打つところなんかは普通にまぁまぁ悪辣ですがw

にしても、(作中でもツッコミ入れられてるけど)ノイエさん自分の命賭けすぎてて草w
とりあえず重要な局面になったら自分の命をチップにする癖がありますよねこの人……。
まぁ重要な場面で自分が動くのが最善というのが秀でた能力の証であり、優しさの証左でもあるのでしょうけれど。

ともあれ、最後まで無敗でノイエさんが大勝を重ねまして。
新たな戦の火種もあり『これから』を予感させつつも当初の目的を果たしきり、大団円という感じのラストでございました。

という感じで、総じて。
前世の知識と『魔女』の力を用いて、オネエなイケメンがほぼ詰んでた王女を女王まで祭り上げる話。
敵味方に有能が揃っており、しかしその上で彼らの予想を超える主人公の活躍が爽快で、最後まで気持ちよく読ませていただきました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
469位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR