FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-11

«  | ホーム |  »

ザ・ファブル

どうも、はむばねです。
久々の感想です。
ちゅーか、今回はマジで久々な気がするな……と思って確認したら、実に1ヶ月ぶりでした。
しかも、前回の感想はキング・オブ・コントですからね。
インプットが……インプットが、滞っている……。
今回もライトノベルの感想じゃないですしね……。
ようやく諸々ちょっと落ち着いてきたので、そろそろ意識的にインプットも強化していきたいです(願望)。

そんなこんなで、感想です。
実写映画化もされた作品ですが、今回の対象は原作漫画の方。


ザ・ファブル(1) (ヤンマガKCスペシャル)
南 勝久
講談社 (2015-03-06)
売り上げランキング: 26,534


あらすじはAmazonより抜粋。
>鈍色の愛銃ナイトホークを手に、“殺し屋ファブル”が町にやってくる──!!
>どんな敵も鮮やかに葬り去る“殺しの天才”通称ファブルは、相棒の女とともに、日々、裏社会の仕事をこなす日々‥‥。
>だがある日、ボスの突然の指令を受け、“○○○”として、まったく新しい生活を送るハメに‥‥。
>そしてファブルの野蛮で、滑稽で、奇妙な“寓話”が弾け出したッ‥‥!!!
>
>“寓話”と呼ばれし、風変わりな“殺しの天才”が、この待ちにひっそりと棲んでいる──!!

まず最初にお伝えしたいことはですね。
みんな、なんでもっと前に強めにオススメしてくれなかった?
滅茶苦茶面白いやんけ!

いやまぁ実写映画化もされてるくらいなんで、面白いんだろうなとは思ってたんですよ。
でも殺し屋の話ってことで、バイオレンスで陰鬱な話を想像してたんですよね。
殺し屋1的な。

まぁ実際バイオレンスな部分もあるんで全てが間違いってわけでもなかったわけですが、しかし想像してたのとは全然違いました。
これ、もう実質ヒーローモノという扱いで良いのでは???
裏社会で恐れられる組織の中でも最高傑作と称される殺し屋が、一般人として生活するって話なんですけども。
本人は天然気味で、しかし意外と常識もあり、ちょっとズレてるんですがまぁまぁちゃんと一般人としてやってくんですよ。
そこに、チンピラとか小悪党とかガチ悪人とかイカレポンチ殺し屋とかが絡んできまして。
今は殺しが禁じられてるんで揉め事があっても最初はわざとやられたフリとかするんですけど、知り合いが関係してきたりするとそれを助けに行ったりするんですね。
んでまぁ最強の殺し屋なんでドチャクソ強くて、暴力沙汰になったら確実に無双するんですよね。
この辺りの爽快感が、まずグッド。
だいぶ語弊のある書き方になった気もするけど、気になる方はまぁご自分の目で確かめて。

個人的には、一応殺し屋という正体を隠す体なんだけどあんまり隠しきれてないところも好き。
ワイは、主人公はオープンに認められたい派なんや……。
まぁこの辺りは、本当に好みの問題ですが。

というのは、ともかくとして。
本作において何よりやべぇなと思ったのは、ギャグがキレッキレなんですよ。
殺し屋の話なのに。
いや、ちゅーか、上記のバイオレンスな感じはホントにこの作品の半分くらいの要素でしかなくて、個人的には本作は半ば以上コメディだと思ってるんですよね。
人が死んだ次の話で滅茶苦茶笑わせてくるところとか、クッソ好き。
しかも、いちいち笑いのレベルが高い。
ほんで関西人のノリとか主人公の天然っぷりとか酔っぱらいの酔っぱらいっぷりとか、リアルが笑いなんですよ。
無論、リアルだから面白いとか優れてるってわけではないんですけども。
なんちゅーか、我々の日常の延長にある笑いって感じなのが個人的にはまた好ポイント。

いやでもねー。
これも、久々に言いますけども。
とりあえず、読んで。
私の語彙力は、ちょっとこの作品の魅力は伝えきれません。
とりあえず、読んで(大事なことなのd(ry
なんか、Kindle版なら3巻まで無料になってるみたいだぞ!(期間限定なのかずっとなのか知らんけど

という感じで、総じて。
最強の殺し屋が無双する爽快感と、キレッキレのギャグが見事に調和した作品。
とりあえず、読んで(3回目)。


それはそうと、感想記事でも勿論ランキング確認コーナーはやるよ!

・ジャンル『ラブコメ』
日間:3位(3↑)
週間:2位(→)
月間:4位(→)
年間:48位(3↑)
累計:81位(6↑)

・総合
日間:10位(11↑)
週間:14位(→)
月間:26位(2↑)

日間ランキング、再浮上。
というか、総合10位は何気に過去最高記録かな?
タイミングの問題だけかもしれませんが、ありがてぇ……!
『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』、次回更新は明日でございます!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
225位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
93位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR