FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』2巻3/19発売!
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』2巻準備中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2020-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

«  | ホーム |  »

りゅうおうのおしごと!2

どうも、はむばねです。
諸々立て込んでおりますため、サクッと感想に入ります。
例によって、続刊はネタバレ配慮あんまりしてないのでご注意を。


4797386762
白鳥 士郎(著), しらび(イラスト)
SBクリエイティブ (2016-01-14T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>「私はあなたを師匠だなんて呼ばないから」
>『竜王』九頭竜八一の前に現れた黒衣の少女は高飛車にそう言い放った。
>夜叉神天衣。小学4年生。
>弟子と同じ『あい』という名を持つJSの教育を将棋連盟会長より依頼された八一は密かに特訓を施す。
>だがそれが弟子にバレた時―かつてない修羅場が訪れた!
>「ししょう…?だれですか?その子…?」
>はじめてのライバル、はじめての修羅場、そしてはじめての家出…幼い師弟に訪れた危機を乗り越え、二人のあいを救うことができるのか!?
>悲しみの雨に閉ざされた少女達の心に、若き竜王の角が虹を描く!!

最初から将棋の話をしている……だと……?
※将棋小説です。
今回はプロローグでアマチュア戦、本編は詰将棋からと、まるで将棋小説のようなスタートですね。
※将棋小説です。

いやしかし、今回は本当に序盤から真面目だな。
詰将棋一つ取っても色んな側面があったり、プロ棋士のお仕事とかについてわかりやすく書かれてて勉強になる。
駒落ちのプロ相手にずっと指してきたからこそ、その形が最も得意になる人がいるというのもなるほどという感じ。
そんな人が現実にいるのかは知りませんが、とにかく説得力がありますね。

えっ、ていうかマジで真面目だな……?
ちょっとロリコンネタが入った程度で、ずっと将棋やってるじゃねぇか。
……ずっと将棋をやってることに驚いてしまう将棋小説とは?
1巻の罪だからね、仕方ないね。

ともあれ、基本的に2巻はあいちゃんともう一人のあいちゃんの話なわけですが。
要所要所で存在感を出しまくってくる姉弟子に草w
出番自体はそんなに多くないのに、エピソードが毎度濃すぎんよー。
ちゅーか、四歳にしてトッププロ棋士に殺気感じさせるとかどういうことなのwwwマジのモンスター(魔物的な意味で)じゃねぇかwww

とか思ってたら、あいちゃんも殺気放ってて草w
そしてJSのお漏らしで、今回もおしっこの実績解除です。
前回はおっさんの放尿だったので、ランクアップしているね!
※将棋小説です。

んでんでんで。
今回は師匠の対局は最後までないわけですが、大師匠(師匠の師匠)によって間接的に師匠の才覚が示されたのも良きですね。
ちゅーか、マジで最上位の称賛やないかい。
やっぱ、竜王を取ったのもまぐれじゃないってことですね。
まぁそら、まぐれで取れるような称号ではないわけですからね。
その後の不調も、どっちかっつーと盤外のことが理由なわけですし。
いずれにせよ、大師匠が凄く師匠してたのがエモい。
1巻で放尿してた人と同一人物とは思えないぜ……。

閑話休題。
今回はあいちゃんに対する天衣ちゃんというライバルが現れるのがメインなのですが。
色んな意味で正反対でいて、根は共通しているこの二人。
初戦から、クソ熱い展開でした。
将棋のことはぶっちゃけよくわかんねーけど、熱いことだけはわかった。

からの、師匠の対局もまた熱かったですね。
そして、ずっと前から始まっていた運命の輪よ。
ちゅーかこのエピソードとか、マジで師匠の才気ヤバすぎへん……? って感じです。
なんでこの人、最近負けがこんでたの?
いや、盤外が理由ってもう結論は出てるんだけども。

という感じで、総じて。
今回は、最初から最後までかなり将棋小説(でもおしっこは出るよ)。
めちゃくちゃ熱い展開の連続で、読んでいて燃えました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
568位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
231位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR