FC2ブログ
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2020-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

«  | ホーム |  »

りゅうおうのおしごと! 6

どうも、はむばねです。
今日も時間がねぇので、サクッと感想です。
今月はマジでヤバい(ヤバい)。


4797391898
白鳥 士郎(著), しらび(イラスト)
SBクリエイティブ (2017-07-14T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>「重度のロリコンですね。治療法は死ぬしかありません」
>竜王防衛を果たし、史上最年少で九段に昇った八一。二人の弟子も女流棋士になれて順風満帆……と思いきや、新年早々問題発生!?
>不眠症や変な夢に悩まされ、初詣で怪しげなおみくじを引き、初JS研では小学生全員に告白され、弟子の棋士室デビューは大失敗。
>おまけにあいはロリコンを殺す服を着て既成事実を作ろうと迫る。殺す気か!!
>そんな中、銀子は奨励会三段になるための大一番を迎えるが――
>
>新キャラも大量に登場! 熱さ急上昇で新章突入の第6巻!!
>新時代の将棋の歴史は、ここから始まる。

前巻の感想はこちら

ついに姉弟子回か……!?
というくらい、表紙からスタートから姉弟子モードですね。
にしても、師匠も当初は姉弟子を妖精の類やと思ってたんやなぁ……まぁ、今でも妖精と見紛うことしばしばなんですけども。

と、ロリ姉弟子から始まりロリコンの流れで草w
……とか思ってたら、現実を小説に取り入れる流れで更に草ぁ!www
いや、これは……えぇのんか?wwwもう、ほぼまんまやけどもwww

からの、シモネタ全開で大草原www
最近シリアスが続き気味だったから、バランスを取っているのか……?w

しかし、姉弟子としてはいきなりハードモードのスタート。
にしても、なるほど。
女流棋士の世界は、ある意味では男より厳しいものでなのですね。
プロに『なってしまえば』、少ない勝負の場で勝ち続けるしかないという。

ほんで帝位は、現代では切っても切れぬアレに関係する方でしたか。
そらまぁ、最初の一人目ってのはキツいよな……。
しかしそれだけに、タイトルホルダーまで復帰してきただけの強さを感じます。
にしても、そこを全く意に介さず曝け出す天衣ちゃんの恐れ知らずさも草w

というか、今回のテーマは『復帰』なのかな?
最初の姉弟子の相手からそうでしたし。

ほんで、竜王戦を終えての師匠の制御不能なまでの才気煥発っぷりよな……。
危うさは示唆されているものの、読者としてはワクワクがそれを上回ります。
そして、ますます遠く離れていくのを感じる姉弟子の切なさよ……。

からの、魂の叫び。
ついに姉弟子の鬱屈した想いが師匠にも伝わりましたかー……。
……いや、あんま伝わってねぇ気もするな?
姉弟子が桂香さんを奮起させたように、師匠が姉弟子を奮起させんとするものの……。

からの、またロリコンの話かいwww
ていうか、今回めっちゃロリコンの流れ推してくるなwww
前回であいちゃんが正妻の座に近づいたからね、仕方ないね。

ともあれ。
姉弟子については、なるほどそう来ますかーという感じ。
勝ったけど負けたがゆえに、むしろ絶望が深いという。
ちゅーかまぁ確かに、次のステージに行ったら今まで以上の将棋星人ばっかなわけですからね。
仮に今回のような形じゃなくても、結局は絶望みが深い。

ほんで、その魔境を中学生で突っ切ってそのまま頂点にまで上り詰めた師匠の凄さも間接的に示された形ですね。
しかし、今回初登場のニュージェネレーション将棋星人。
今後は、彼が台風の目的存在になっていくのでしょうか。

という感じで、総じて。
将棋の神様と、姉弟子の話メインの6巻。
結果だけを見れば上々ではありますが本当の地獄の始まりという感じで、ここからどう転がっていくのかますます楽しみです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
217位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR