FC2ブログ
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2020-08

«  | ホーム |  »

勇者は魔王の門番人 ~ブラックな勇者業辞めて、ホワイトな魔王の下で働きます~

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
本日は、昨日発売のHJ文庫新刊の感想です。
Amazonで頼んだところ福岡にもちゃんと昨日届いたんですが、発売日に届く本と遅れる本の違いって何なんですかね……?
なんとなくHJ文庫は発売日に届くイメージがあるんですが、レーベルによるんだろうか……。

と、いうのはともかくとして。
当ブログでも度々登場致します、鉄乃蜘蛛先生のデビュー作でもあります。
まぁまぁ終盤のネタバレ要素がなくもないので、一応ご注意を。




>残業無、賞与有、社宅(城)で同棲の超絶好待遇!?
>
>魔王を討つべく旅してきた勇者一行。
>しかし、辿り着いた魔王城に居たのは、遥かに文明的で常識もある美少女だった!
>そのうえ、彼女は糞ブラックな労働環境の勇者を案じ、超絶好待遇の提示とともに一言放つ。
>
>「どうだ、ここに一緒に住まんか?」
>
>「やります!!」
>
>ということで、勇者は魔王城の門番として労働に勤しむことに!?
>からかい好きな美少女魔王と送るコメディライフ、開幕!

開始早々勇者殿が俗物で草w
まぁ確かに、金と美貌と魔力があれば大抵のことはどうにかなるよな……。
というか、どれか一つだけでも十分にどうにかなる気はしますが。

ほんで、全員の名前が一切明かされずに職業名だけでしか描写されないという構成は斬新ですね。
2chのSSスレを思い出します(5chになってからは知らんので2ch表記である)。
パーティーメンバーは、女傑に吸血鬼狩りに聖騎士(と賢者)。
なかなか珍しいところを突いてきたなって印象です。

からの、魔王城突入→入浴、の流れで草ぁ!w
魔王様側が提案してくるのも草ならば、それを受け入れる勇者パーティーも草w
君たち、何しにここに来たの……?
とか思ってたら、本当に何しにきたのかわからなくなった流れでワロタw
ほんで勇者殿、猛烈な速度で懐柔されすぎィ!?
そりゃ仲間からも「性急過ぎるぞ」って言われるよ……。

からの、死亡者も敵味方共に生き返る親切設計。
ただまぁ、魔王様の胸先三寸で色々とイジられてしまうのが恐ろしいところではありますが。
ていうかこの人(人じゃねぇけど)、もはや神の領域クラスの力では……?
これは確かに、人の中での強さなんて誤差レベル。

とはいえ、勇者殿たちも人の中では普通にクソ強いのが好きポイント。
ただ、構図的には完全にカツアゲで草w
相手も覚悟を決めて魔王城まで来た方々なはずだからね、仕方ないね。
つーか、建前かと思いきや割とガッツリ門番するのね。

……と思ってたら、そこも含めて魔王様の策略だったのね。
なるほど、策士。
まぁ、半ば勇者殿の方から策にハマりにいったようなもんですがw
ほんでその思惑の方は、なるほど。
意外にもというか全うにというか、根本には魔王的な目的があったわけですね。
ここで『世界』を広げてくる流れも上手いと思いました。
何かあるだろう雰囲気はずっと示唆されてきたので、これもなるほどという感じ。

一方で、それをノータイムで断れる勇者様も王道的で良き。
魔王の誘いは断ってこその勇者ですものね。
……と思いきや、猛スピードで絆されてて草w
女性の涙には逆らえないからね、仕方ないね。

しかし、魔王様の家族が最強の子供を作ってないのはなぜなのか。
単純に、己こそが全て! って感性なのかな?
もしくは、人と交わろうとする魔王様の感性の方が特殊なのか。
『世界』のこと含め、今後の広がりも感じられて楽しみです。

という感じで、総じて。
魔王城で過ごす、健康で文化的な門番ライフ。
軽快なやり取りが楽しく、ラブとコメが良い感じのバランスで編み上げられている作品でございました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
272位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
107位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR