FC2ブログ
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

«  | ホーム |  »

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 8

どうも、はむばねです。
はい、不眠です。
感想記事、ホントにこの書き出し多いな?

不眠って言っておけばこの前置きのコーナーをスキップ出来ると思ってる説。
いやまぁちょっと前にも書いた通り、不眠の時は一から記事を起こす気力がなくて書き溜めてある感想に頼りがちになる→気力がないので前置きのコーナーは適当になる、という因果なのですけれど。
どうでもえぇけど、不眠状態の時にクソ変換されると普段の倍くらいイラッとくるな?(『いんが』を『インが』と変換されて)。
いやまぁこの場合は『インがアウトより~』みたいな使い方することもあるのでそこまでクソ変換というわけでもないのですけれど。

とにもかくにも、感想です。
例によって続刊モノはネタバレ配慮以下略。


4815601410
海空りく(著), さくらねこ(イラスト)
SBクリエイティブ (2019-03-14T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>『ありがとう、リルル。よく彼らを此処まで導いてくれました』
>
>帝国の支配からヤマトを解放した超人高校生たちは、すべての謎が眠るエルフの里へと向かう。
>果たしてそこで待ちうけていたのは、彼らをこの世界へと呼び寄せた存在との邂逅だった!
>ついに語られる異世界召喚の理由。
>超人高校生たちは元いた世界に帰還するためにも、異世界を守る決意を新たにする。
>
>だが、時を同じくして《青の元帥》ネウロは司たちとの全面対決を選択。
>圧倒的な大軍勢が疲弊したヤマトへと迫ろうとしていた!
>
>世界の命運を懸けた戦い。その始まりを告げる、異世界革命譚第8弾!

前巻の感想はこちら

おっ、いきなり物語の核心に迫る展開ktkrですね。
ほんでリルルさん、思った以上のキー(文字通り)だったのね。
しかし、なんだかんだそれをちゃんと受け入れる強さが良き。
これも、ここまでの成長ゆえってことなのでしょう。

からの、安定の暁くんイジりで草ぁ!w
愛されキャラですよね、暁くん。
まぁ、というか、前回の活躍を考えれば正当な評価なのですが。

一方で、現地民の方々も超人高校生たちを徐々に理解し始めている様子。
……はいいけど、熱いパンジャンドラム推しは草ぁ!w

そして、ついに語られる転移の真実……を、司くんがキャンセルで更に草w
まぁ確かに、今までのとこで大体明かされてたし相手が言うことが信用出来るのかもスタートを鑑みれば微妙だしな……。
ちゅーか、改めて考えるとよく生きてたなこの7人……マジで、転移と同時に乙っててもおかしくなかった……。

からの、こっからが第二部スタートって感じですかね?
いよいよ最終的なゴールもハッキリして参りました。

ちゅーか、皇帝さんも『超人』の部類なのね。
そして、皇帝はある意味で司くんの別の世界線というかあるいはあり得た可能性というかある意味では上位互換というか。
先方を文字通りの『超人政治家』とするのは、なるほど美しい対立構造ですね。
とはいえ今んとこは結果的にピエロな印象なわけですが、それだけとも思えませんがさて……。

ともあれ。
帝国との初戦は、なるほどそうきましたかという感じ。
毎度の如く言ってますが、超人高校生たちのスペックに頼るだけでなく(無論それありきではあるんですが)現地人の方々の力あってこそというのが良いですね。
ガチンコで数ヶ月ゲリラを続けてきた兵たちだ、顔つきが違う。
それはそれとして、司くんが狙撃スキルまで所持してるの草w
この人だけ、スキルの幅広すぎでは……?
ショーニンくんの『何かのナンバーワンにはなれなくとも全てのナンバーツーにはなれる』という評もエグい。
いやもうこれ、下手に何かのナンバーワンになるより凄いやろ。
まぁこの物語、確かにナンバーワンが隔絶しすぎているというのもあるんだけども。
そう考えると、バランスが取られている………………かぁ?(混乱)

からの、戦闘力に限れば忍さんと同格以上のニンジャも登場。
忍さんの真価が荒事ではないとはいえ、ホントに超人高校生でも一筋縄ではいかない世界ですねー。
しかし、ニンジャとして優秀『だからこそ』敗れたというのもなるほど。
忍さんらしい、良い決着方法だったと思います。

かーらーのー、ショーニンくんはまぁそうなるなって感じ。
ここで揺らぐようなら端から袂を分かってはないのでしょう。
珍しく、司くんが見誤ったポイントでは……?
あるいは、司くんにはそれ以上の思惑が秘められているのでしょうか。

という感じで、総じて。
いよいよ物語の核心も迫って参りました今回。
戦争も各種対立も本格化し、ますます続きを読むのが楽しみな8巻でございました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
214位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR