FC2ブログ
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

«  | ホーム |  »

魔界帰りの劣等能力者 1.忘却の魔神殺し

どうも、はむばねです。
不眠発動してなくても感想記事ですが何か?
ていうかもう1週間くらい、作業の進捗報告か感想しか書いてないですね。
なかなか作家らしいブログになってきたな(そうか?)

そんなこんなで、感想です。
割と最初から最後までネタバレしておりますのでご注意を。


4798619612
たすろう(著), かる(イラスト)
ホビージャパン (2019-08-01T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>最弱の体質を規格外の才能で覆す!!
>
>堂杜祐人は霊力も魔力も使えない落ちこぼれ異能者。
>だが実は、魔界へ赴き人知れず魔神を殺した――“最強"の少年だった!!
>高校進学の傍ら異能者の認定試験を受ける祐人は、劣等能力者として場違いだと見下されるはめに。
>そんな中、祐人はマリオンと瑞穂という天才美少女二人と仲良くなり、さらに試験で他を圧倒する力を見せつけ、本人の自覚なく注目を集めることに――!!
>美少女二人を襲う凶悪な敵を相手に、“最弱"にして魔神殺しの少年は無双する!!
>劣等×最強の異能アクションが堂々開幕!!

なるほど、魔界自体は普通に(一部業界では)認知されてる世界で行き来可能なんですね。
んで、魔界には修行に行ってた感じ?
……とか思ってたら、もっと動機も期間も重かった。
お母さんが行方不明であることをお父さんに知らせるためだったとは……。
ほんで、向こうでも色々あったと。

ちゅーか祐人くん、色んな意味で不遇すぎるぜ……。
ただ、友人に恵まれてるところは良きですね。
しかしだからこそ、一時的にとはいえ忘れられていというのは尚更に辛いな……思い出してくれて良かった。

そして、試験でもまぁまぁ不遇で草ぁ!
まぁこれに関しては、祐人くんの存在が特殊すぎるせいなのですが……。
とはいえ試験官の皆さんが、(戸惑いつつも)一応ちゃんと「彼を評価すべきなのでは……?」ってなってるのが良き。
既存制度を杓子定規に適用するだけじゃない有能感がありますね。

そして、祐人くんの有能さが基本的には多くの経験から来ているという点も好きポイントです。
仙道に関しては、才能もガチのようですが。
それでも厳しい修行を経てのものですし、そもそも修行も家の役割を果たすために頑張ったというのも好き。
性根が真っ直ぐというか、誰かのために躊躇なく進める強さを持っているというか。
後者に関しては、魔界で更に強くなった部分なのかもしれませんが。
全体的に好感度が高い。

からの、心を読まれないための心象風景が水着女子は草w
半ば事故みたいなもんだからね、仕方ないね。
あと、ちゃんと九九に変わったことを教えてくれるガストンさんにも草w

からの、過去の出来事。
これをガストンさん経由で提示するというところがまた良いですね。
だいぶアレな人であるガストンさんでさえもガチで恐怖するという祐人くんの体験よ。
にしても……なんというか、既に『終わった』ことであるからこそ尚更に物悲しさを感じますね。
既に復讐も果たし、少しだけの救いもあって、だからこそそれはもう既に完結した物語。
続きようのない、どうしようもなく終わってしまった話なのですね。
とはいえ、(一時は壊れていたとはいえ)そこからまた前を向いて踏みだしていけているところに祐人くんの強さを感じます。

からの、更なる力の開示。
と、周囲に忘れられる件についてはそういうことでしたか。
多少調整出来るとはいえ、めちゃくちゃリスクが高いってレベルじゃねぇ。
今まで生きてきた人生を、実質切り売りするわけで。
ある意味では、寿命を削るよりキツいのでは……?
『未来』が削られるのもだいぶアレだけど、『過去』が消滅するということは実質『現在』も消失するに等しいわけですからね。

そして、それを既に経験しつつも使う祐人くんの覚悟と強さ。
しかしそれに抗う茉莉さんの想いの強さが、何よりの救いですね。
ちゅーか、3回目にして『軽く』跳ね返してて草ぁ!w
いや確かに、実際過去2回に比べれば軽い部類なのでそこを乗り越えた彼女にとっては楽勝なのかもですけど。
精神力一つ(推定)で超常現象に抗いきるこの子も何気にヤバすぎでは……?

というか、今回は緩めだったこともあって友人ズは無事覚えてくれてたのね。
過去2回を経て思い出してくれたのだから、ある意味では当然とも言えるのか。
しかしその事実が祐人くんにとってはどれほどの救いなのだろうと思うと、胸が暖かくなりますね。
からの、ガストンさんもそこに加わる流れで草ぁ!w
このキャラ変はワロタですけど、祐人くんたちといることがガストンさんにとっても救いになってそうなところが美しい構成ですね。

という感じで、総じて。
壮絶な過去と悲しみを背負い、それでも人を思いやる心を失わない心優しい少年の物語。
主人公の強者感も気持ちよく、彼が果たしてこれからどんな風に活躍していくのか続きを読むのも楽しみな1巻でございました。


なお、最新4巻は本日発売やでー! 本日でございます!

4798622451
たすろう(著), かる(イラスト)
ホビージャパン (2020-08-01T00:00:01Z)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
214位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR