FC2ブログ
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 9

どうも、はむばねです。
昨日のAmazonの件があってから、全てが疑わしくて仕方ないぜ……。
ファッ!? ポイントがほとんど残ってへんやんけ!? → そういえば毎回使ってるから残らんのやったわ
ファッ!? なんか買った覚えのない本のレビュー依頼メール来てないか!? → いやそういや買ってたわ……読んでねーけど……
ファッ!? 今までの履歴のどこを見たらそんなオススメが来るねん!? → まぁAmazon割とそういうとこあるしな……
ってな感じですよ。
まぁ疑っとくに越したことはないと思うので、しばらく疑心暗鬼モードでいきましょう……。

そんなこんなで、感想です。
例によって、続刊はネタバレ配慮薄め。
ただ、だいぶフワッと書いてはいるものの今回は結構致命的なネタバレも含んでおりますので一応ご注意を。


4815603790
海空りく(著), さくらねこ(イラスト)
SBクリエイティブ (2019-10-12T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>「これが終わったら……ツカサさんに伝えたいことがあるんです」
>ヤマト兵を率いた奇襲により、緒戦で大勝利を収めた超人高校生は、それでも埋まらない帝国との戦力差を前に、戦線を後退させていた。
>十倍近い敵と対峙する過酷な防衛戦。全員の限界が近づく中、司は《青の元帥》ネウロを直接打倒するための作戦を発案する。
だが、かつて彼らと袂を分かった《超人実業家》真田勝人もまた、自らの信念に基づいた行動を始めていて――!?
>決戦を前に自分の気持ちに素直になろうとするリルルと、それに正面から向き合う約束をする司。
>それぞれの想いが懸かった戦いが幕を開ける!

前巻の感想はこちら

ショーニンくん、幼い頃からその才能を発揮してたってわけじゃなかったのね。
まぁ逆に言えば、他のメンバーは幼い頃から発揮してたようで流石だなって感じですけども。
ほんで、思ったよか壮絶な過去。
そして、昏い理由からの才能発揮だったのですね……。
にしても、1週間で全てを習得は凄すぎて草ぁ!w
そして結局のところ、運まで味方に付けるところがなるほど『超人』たる所以ということですか。
だからこそ、敵に回すとマジで恐ろしいですね。

からの、本丸も今回は流石にだいぶ劣勢ですね。
しかし、そこを打開するのがついに暁くんというのが熱い。
いやまぁ、言うて今までもかなりの活躍ではあったわけですけれど。
唯一精神性が常人の彼が『勇気』を振り絞るというのも、熱い展開です。
まさしく『マジシャン』だからこその奇策ってのも良きですね。
にしても司くん、実質見切り発車で草w
この辺りは、『凡人』であると自認してるがゆえですね。
己ではわからずとも、『超人』ならばわかるかもしれないと。
このある種の放り投げっぷりも、司くんの強さの一つなのでしょう。

そして、いよいよ追い詰めて……かーらーのー、ですね。
まぁ、そう来ますよね。
からの、はーそうきますかって感じ。
久々に超スッキリしたというか、やっぱこうでないとですね。
にしても、なっがい仕込みだったな……。
だからこそ、カタルシスも一入なわけですが。

かーらーのー?
敵もさる者といいますか、最後っ屁がデカすぎるといいますか。
一気に話が動いた感がありますねー。
と思ってたら、次が実質の最終巻ですか。
最後まで、しっかり見届けさせていただこうと思います。

といった感じで、総じて。
色んな意味で、話が大きく動きまくった9巻。
ここからどう着地していくのか、続きを読むのも楽しみです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
169位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
58位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR