FC2ブログ
角川スニーカー文庫『元カノと今カノが俺の愛を勝ち取ろうとしてくる。』発売中!
ファンタジア文庫『幼馴染をフッたら180度キャラがズレた』発売中!
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集 / 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』全2巻発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2021-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

«  | ホーム |  »

今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。3 3年分の「ありがとう」だよ、先輩

どうも、はむばねです。
最近感想記事ばっかやし、ちょっと別のにした方がえぇかなーと思って振り返ったら意外と感想記事ばっかってわけでもねぇな?
というわけで、感想記事です。

例によって、続刊はネタバレ配慮薄め。




あらすじはAmazonより抜粋。
>――伊織先輩は、私のことなんて、早めに忘れてしまってほしい
>
>生原小織。怪しげな露天商ナナさんの店でバイトをしている、正体不明・詳細不明・神出鬼没の後輩……のはずだった。
>そんな彼女が、病院で眠り続ける「思い出せない僕の親友」と同じ名前・顔をしているという。
>この不可思議な状況、「生原小織」は間違いなく《星の涙》を使っている、はずだ。
>「私の――生原小織の願いを否定してほしいんだ」
>僕は何もかもを忘れてしまっていた。
>「生原小織」の素顔、口調、性格、彼女と僕の関係。
>彼女が何を想い、何を願って《星の涙》に縋ってしまったのか。
>それら全てに、全ての感情に蓋をしてきたのだ。
>そして――そもそも対価を払ったのは誰だったのか、ということにも。

前巻の感想はこちら

さてさて、今回も序盤からすっ飛ばしてきますね。
小織さん……『これまで接してきた』小織さんは、生み出された偽物であると。
星の涙は物理的な作用は起こさない……というのはあくまでこれまでの前提でしかなく、代償次第かもしれぬと。
しかしあくまで認識の問題だとすれば、小織さんとのこれまでの関係全てを否定することになると。
どっちに転んでも地獄な辺り、本当に涼暮先生である(褒め言葉)。

ほんで、あくまで一人で背負い込むところがホント伊織くん先輩ですねぇ……。
ゆえに、今回も灯火さんが完全に蚊帳の外である。
いやホントに、このタイトルでこの構成にする胆力が凄いな……(褒め言葉)。

ともあれ、今回のメイン舞台は夢の世界ということでね。
更に三者の認識が混じり合うことによって構成された……というか、変質した? 世界っつーことで、色々ややこしいな……。
しかし、より多くの認識を塗り替えることによって『乗っ取る』というのは面白い発想。

ほんで、なるほど。
夢の世界ゆえ……あるいは、伊織くん先輩の願望ゆえなのか。
この世界なら、陽星さんも伊織くん先輩を認識しているし『あの人』も存在すると。
これはなんというか、表面上は楽しい人たちだけに、現実ではないがゆえのおつらさみたいなのがありますね……。
からの、向こうも『気付いてしまう』のが……きっと『そういう人』だったんだなというのが伝わってきておつらい……。
しかし、結局のところそんな彼女の存在が最後の後押しになるというのも伊織くん先輩らしいというか。

からの。
あえて己の痛みを最大限にしてから受け入れる選択もまた伊織くん先輩らしく。
かーらーのー! ファッ!?
今の伊織くん先輩の根底オブ根底を揺るがす情報がラストでお出しされましたね……。
果たして、そもそもそれは真実なのか、真実だとして伊織くん先輩はどうなってしまうのか……。

という感じで、総じて。
今回も……というか、これまで以上におつらい展開が連続してからの。
最後の最後に驚きの事実(?)も明かされ、色んな意味でめっちゃ感情を揺さぶられる3巻でございました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
343位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
137位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR