スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

博多華吉(夜)+α

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
昨日はプリン体氏・ふくし氏と共に華吉さんに行って参りましたよっと。
ちな、プリン体氏も当ブログで見てその存在は知っていたようで。
情報共有の手間が無茶苦茶省けました。
つーか、天神周辺ランチの記事読んでる人いたのか……。

以下、出てきたものたち。

moblog_1a75629b.jpg

突き出し三種(詳細は忘れた。枝豆と筍を何かしたやつと春雨的なやつを明太で和えた何か)。
この時点でクオリティ高い。

moblog_e2f13637.jpg

moblog_dbdd8e83.jpg

とりあえずすぐ出てくるやつ、ということで頼んだ魚の南蛮漬けとポテトサラダ。
南蛮はしっかり味が染みてて、身も柔らかくグッド。
ポテトサラダは、(詳細は全くわからないけど)かなり濃厚な味付けで普通のポテサラとは一線を画す感じ。
ベーコンだかお肉だかも入っていて、かなり食べごたえがありました。


moblog_bb28d1bd.jpg

刺し身盛り。
やっぱこれですよ、これ。
大将のこだわりが凝縮されており、文句無しに旨い!
特製のスモーク醤油が更にその美味しさを引き立ててくれます。


moblog_1a946883.jpg

私イチオシのだし巻きも注文(写真はちょっと食べた後ですが)。
やっぱ旨いっすわ。
今回頼んだのはノーマルなのですが、「出汁ひたひた」とかのオプションもあるようで凄く気になりました。
次回は是非とも頼みたいところですね。


moblog_886262d8.jpg

ハツの炭焼き(これもちょっと食べた後)。
素材が新鮮なので、レア気味に焼いてもらってます。
旨味が凝縮されててグッド。
これまた特製の塩にも非常にマッチします。
醤油とか塩とか、調味料へのこだわりも凄いんですよね。


moblog_c3da1f79.jpg

ブリカマ。
最早説明不要の旨さ。
やはり以て塩がいい仕事してます。
ざっくり気味に切られた大根もアクセントになってグッドです。
というか、大根がそもそも旨い。


moblog_ab92bac2.jpg

キュウリのぬか漬け。
これまた、しっかり味が染みててグッド。
お腹がこなれてきた頃に嬉しい一品ですね。


moblog_b8457cc0.jpg

そして、今回我々が一番衝撃を受けたのがこちら。
クリームチーズ豆腐的なやつ(正式名称は忘れた)。
見た目は豆腐で豆腐の風味もありつつの、濃厚なクリームチーズな味。
そして、それに対してスモーク醤油をかけるのですよ。
結果、日本酒飲みを殺すつまみが完成する。
もうね、めっちゃ日本酒に合った。
濃厚なチーズ味なのに。
ほんで、更にわさびも付けると新たな世界が開けます。
チーズなのに。
最初、「これにわさびは蛇足なのではないか?」という論調が我々の中にあったんですけども。
だし巻きにマヨネーズも例もあるわけだし、この店において付いているということは無駄なはずはない! と思ってやってみたら案の定でしたね。
無茶苦茶合う。
ていうか一度やってみると、これはもうわさび無しではアカン! となるレベル。
日本酒飲みを13回は殺せる。
結局、食べ終わる前にもう一個注文してしまいましたw


moblog_8836c08a.jpg

最後には、サービスでしじみ汁も出してくれます。
これまた、めっちゃいい味が出てました。
身体を癒やしてくれる感が半端ない。
しじみも大振りなのがゴロッと入ってて、どう考えてもサービスで出てくるクオリティではない。


いやー、やはり素晴らしいクオリティでしたね。
ちな、最初だけビールで刺身盛りから日本酒を入れました。
結局、3杯? 4杯? 飲んだのかな?

その後は、ウエストへ。
福岡出身のプリン体氏が、ウエスト飲みを経験したことがないというのでね。
といっても、ここでは一杯だけ。

更に、ふぐ酒場へと繰り出したのでした。
我々の中での定番店を一通り案内した感じですね。
ここで注文したのは大体いつも通りの品なので、基本省略。
ただ、一点。

moblog_ed88a5e8.jpg

今回、初めてふぐ雑炊を頼んでみました。
ちょっと写真では伝わらないと思いますが、結構なサイズの釜で出てきます。
ふぐの身をしっかり入ってて、これで480円。
相変わらず頭おかしい(褒め言葉)。


と、いう感じでございました。
でぇじょうぶだ、今回は割と記憶が残ってる。
ふぐ酒場での会計辺りの記憶が若干怪しいような気もしなくはないですが。
まぁ、何にせよ今日は普通に二日酔いだけどな!

イリオモテネコ食堂

どうも、はむばねです。
はい、今日も今日とて天神周辺のランチ紹介のお時間ですよっと。
今回ご紹介するのは今泉のお店、イリオモテネコ食堂さんです。
ちょっと変わった、印象に残りやすいお名前ですね。
私のランニングコース上にあるお店で、前から割と気になっていたお店なのです。

moblog_6d3e0abf.jpg

メニューは、こんな感じ。
メインを一つ選ぶか、二つ選んでハーフ&ハーフにすることも出来ます。
微妙にHPに書いてあるのとメニュー・価格が変わってるのでご注意を。


moblog_7c3632c8.jpg

今回は、煮込みハンバーグとトンカツのハーフ&ハーフで頼んでみました。
お値段、745円(税込)。

実はですね。
正直、行く前はちょっと高めかなーと思っていたのですよ。
あくまで、天神周辺基準ですけどね。
しかし実際行ってみて印象が変わりました。
これ、メインプレート以外全部おかわり自由なんですよね。
ご飯、サラダ、小鉢、漬物、全てセルフで取り放題なのです。
これでこの値段は普通にコスパ高ぇわ(掌返し)。

特に、ご飯。
これ、炊き込みご飯なんですよね(普通の白飯もあります)。
いい感じに味が染みてるし、具も結構入ってるし、これが食べ放題というのはなかなかに神がかってる。
ご飯オンリーでも全然いけます。
これ、季節限定なのかレギュラーなのかどっちなんだろう……。

味噌汁も具沢山ですし、漬物系もいい感じでグッド。
サラダは、3種類のドレッシングから選べます。
今回は、自家製オニオンドレッシングをチョイス。
これも美味しかったです。
バランス良く取れて、一人暮らしにはありがたい構成ですね。

メインも、普通に美味しかったです。
普通っつーと、イメージ悪いかもしれませんけれど。
なんというか、特段奇を衒ったものではなく、「そうそうこういうのでいんだよ」という期待通りのものが出てくる感じです。
トンカツは、揚げたてでサクサクジューシー。
あんまり油っこくないのが(年齢的に)ありがたかったですね。
煮込みハンバーグもフワフワに仕上がっていて、デミグラスソースの味付けもグッド。
先述の通りご飯だけでも全然いけるくらいなのに、メインにサイドと更にご飯が進むものばっかでついつい食べすぎてしまいました。

やはり、天神周辺で店を継続させてる時点で侮れねーな……という感じでしたね。
これまたクッソ近くにあるので、定期的に通いたいと思います。

華吉のトンテキ定食(+α)

どうも、はむばねです。
ほいさ、というわけで今回もこないだご紹介した華吉さんのランチに関しての記事でございます。

今回頼みましたのは、こちら。

moblog_dd1a13ef.jpg

トンテキ定食。
ゴールデンウィーク限定営業の時もあったメニューなのですが、私はこれが一番好きだったのですよね。
というかこれが好きすぎて、結局こればっか頼んでメニューコンプ出来なかったくらいです。
なのでこれが今回のレギュラーメニューにもあったというのは、個人的に凄く嬉しいのです。

まず、メインのトンテキ。
これが全く脂っこいところがなく、なのにジューシー。
下処理と焼き加減が絶妙なのもあるでしょうけれど、肉質そのものも良いのでしょうね。
全然引っかかるところなく、スッと噛み切れます。
おろし醤油ベースの、ほんのり酸味のあるソースもベリーグッド。
サッパリしてるんですが、ガンガンご飯が進みます。


moblog_98f3b61e.jpg

ほんでですね。
最初の写真では若干ホワイトアウトしちゃってますが、このだし巻きがまた美味しいのです。
口に入れた瞬間フワッと出汁の香りが広がる、非常に上品な味わい。
なんというかこう、全然主張してくる感じではないのですが、凄く複雑な味わいがあるのです。
王は自ら攻めず、ただ座してその威光を示すのみ! みたいな(もはや料理の感想ではない)。

そして、写真を見ていただければわかると思うのですが、だし巻きの皿にはマヨネーズが添えられています。
このマヨネーズ、最初は「えー、このだし巻きにマヨネーズぅ……?」と思ったのですよ。
なんつーか、芸術品に泥をぶっかける的な?
が、しかし。
やっぱ、作ってる方はわかってらっしゃいますわ。
完全に、わかっててマヨネーズ付けてる。
これは合う。
どういう効果かもはやわかりませんが、だし巻きの上品さが損なわれることはなく、それどころか濃厚なマヨネーズの味がそれを更に引き立ててているのです。
つーかこれ、もしかしてマヨネーズも自家製なのかな?
普通にマヨネーズ単体でも美味しいです。

正直、もうこのだし巻きの皿だけでいい。
だし巻き+ご飯オンリーで800円でも全然問題ない。

にも関わらず、ですよ。
小鉢にサラダに豚汁、更にトンテキまで付いて800円なのです。
これはヤバい(語彙力の消失)。

まー、正直ね。
この辺りでランチ800円というのは、ちょっと高いです。
いやその前提の時点でだいぶ頭おかしいのですが、事実なのだから仕方ない。
ワンコインで充実のランチを食べられるところが結構ありますからね。

しかし、それを踏まえて尚、これで800円はすげぇ安い。
完全にお値段以上なのは間違いありません。
ていうか名古屋時代だったら、この内容なら1500円でも「あ、これでそんなもんなの? 安くない?」って言ってたと思う。

もうね、本当は毎食トンテキ定食を頼みたいくらいなのです。
しかし、他のメニューも魅力的すぎるという贅沢なジレンマ。
とりあえず、まずは一通りメニューを制覇する方向で考えてはいます。


moblog_07697aa8.jpg

ちな、この時は他にお客さんもいなかったからか(?)カレーもおまけしてもらっちゃいました!
この日の日替わりだった、シーフードカレーだと思います。
口に入れた瞬間に広がる、シーフードの香りが無茶苦茶強い!
ここまで香るシーフードカレーって、初めて食べました。
少なくとも、ちょっとシーフードをトッピングしましたってレベルでは断じて無い。
なんだろう、沢山煮込めばこうなるのかな……?
味の秘訣はよくわかりませんでしたが、ともかくこれも美味しかったです!
つーか、おまけなのに滅茶苦茶具材がいっぱい入っててワロタw


常連になればこんなサービスが付いてくることもある? 華吉さん。
皆様も、是非お立ち寄りください。
まぁ、いうて私もまだ全然1桁回数しか行ってないんですけどね……。
私の場合、ふくし氏経由で前の店から大将と顔見知りだった補正がでかい。

漁師の花料理 博多華吉(ランチ)

どうも、はむばねです。
さて、そろそろ何の脈絡もなく天神周辺のお店を紹介する記事を書くのにも躊躇がなくなってきましたね!

というわけで、本日もそういうアレです。
本日ご紹介致しますのは、華吉さん。
オープン直後にチラッとだけご紹介したこともあるお店ですね。

元々ここの大将はふくし氏行きつけのお店の板さんで、私とも顔馴染みでして。
ウチの近くにお店をオープンされたので、行こう行こうとは思っていたのですがなかなか行けていないのです。
「何か良いことあったら行こう」と思ってるんですが、なにせなかなか良いことがないからな!

moblog_9a2081db.jpg

しかし、11月からランチ営業を開始されていたようで(全然気付いてなかった……)。
ランチなら行きやすい! ということで、早速行って参りました。

実は、去年のゴールデンウィークにも限定でランチをやってらっしゃいまして。
その時めっちゃ良かったので、「ランチ常設してくれねーかなー」と思ってたんですよね。


moblog_1c8cb403_20170203151905549.jpg

メニューはこんな感じ。
前回はメニュー4つくらいの限定だったと思うのですが、正式スタートに当たって(?)ラインナップも厚くなったようですね。


moblog_08ad0e46.jpg

差し当たり、今回は日替わりメニューを頼んでみました。


moblog_5c9569f2.jpg

この日のメインは、チキンのトマト煮込み。
ゴロッと豪快に入っている鶏肉はよく煮込まれていて、箸で簡単に切れるくらいホロホロです。
トマトの酸味に、チーズとの相性もグッド。
めっちゃご飯が進みます。

ほんで、この豚汁。
なんかシレッと付いてきてますけど、めっちゃ具沢山。
これだけでご飯何杯かいけちゃいます(そんなに食べられないからいかなかったけど)。
サラダも付いているので、普段栄養バランスが心配な一人暮らしにもありがたい存在です。


moblog_c03f1c7b.jpg

卓上には辛子高菜もあって、これだけでも無限にご飯が食べられそう(そんなに食べられないから以下略)。
ちな、ご飯はおかわり自由です。

これだけの内容で、お値段650円!
やはり、この付近でランチをやるためには頭おかしい値段設定が必要なのか……。
これは確かに、コスパの向こう側へ行ってますわ。
まさしく、看板に偽りなし。
正直、メイン無しの「豚汁定食」として650円でも全然納得の価格ですからね。
ホントに利益出てんのか心配になるレベル。
ゴールデンウィーク限定でやってた時に比べて、だいぶお客さんが入ってた点だけは安心ですが……。
これは、買い支えないと(使命感

普段の通り道で立地条件的にも最強なので、これから足繁く通いたいと思います。
というわけで今後も何度か話題にするかと思いますが、まぁ生暖かい目で見守ってあげてください。

というかふぐ酒場のランチも逝った今、私の中でランチ最強ランキング1位は間違いなくこのお店となりました(ふぐ酒場のランチが生きてたとしても1位かもしれない)。
もし付近にお立ち寄りの際は、是非とも行ってみてくださいな。
天神駅近というレベルかというと若干微妙な気もしなくはないですが、中洲への通り道だよ!

TikiのスパイスMAXチキンカレー

どうも、はむばねです。
今日は! 割と元気です!
あくまでも、今日は!
治ったというよりは、「今日は症状が出ていない」とう表現が正しいのではなかろうかと思ったり思わなかったりする今日この頃であります。
ここらで、しっかり食べて身体を応援せねば……。
おっしゃ、こういう時はカレーやな!

というわけで、今回もTikiさんに行ってきたレポートですよっと。
何気にヘビーローテーションですね。

さて、今回はいよいよ満を持して(?)スパイスMAXカレーに挑戦です。
いやー、正直めっちゃ迷ったんですけどね。
何度か書いている通り私、辛いのは「食べられない程ではないけど得意ではない」くらいなので。
頼んで食べられないってのも申し訳ないですし。
しかし、メニューに書いてあった「MAXは辛さの事ではないのです」との言葉を信じて注文してみることにしました。

moblog_f9b79418.jpg

こちらが、件のスパイスMAXカレーでございます。
見た目は、普通のスパイシーチキンカレーと変わりませんね。

参考:通常スパイシーチキンカレー
blog_import_5864ebe368e25_20170201134701abd.jpg

私の写真の撮り方がアレなのでちょっと色合いが違うように見えてしまうかもしれませんが、ホント見た目はほぼ一緒です。
果たして、どの程度味が違うのか……いざ、実食!
してみたところ。
ん! 確かに辛くない!(辛くないとは言っていない

いや、まぁ辛いは辛いんですけどね。
言うまでもなく、汗だくになりましたし。
ただ、普通に辛い程度といいますか。
辛さレベルは、通常のスパイシーチキンカレーとほとんど変わらないと思います。
舌がピリピリするようなタイプの辛さがほとんどないのも同じ。

そして、吹き抜ける……いやさ、吹き荒れるスパイス感!
これは、確かにスパイスMAXですわ。
いやー、新感覚な味わいですね。
舌はあんまり辛さを感じていないのに、身体は凄く辛さに反応している感。
しかもその辛さで「もうダメ……」ってなるのではなく(普通に辛いやつだとこうなる)、「うおー! もっと食べるぜ!」ってなるのですよね。
これが……スパイスの食欲増進効果ってやつか……!
きっとこれが自分にとっての最難関メニューだろうなと思ってたんですが、むしろ一番好きくらいかもしれません。


さて、そんなこんなでね。
今回で、今度こそ全メニュー制覇したわけですが。
季節ごとにメニューが変わるようですし、定期的に通いたいと思います。
ウチからクッソ近いしな!

ていうかこれ、なんか癖になってきますね。
最初に食べた時は「んあー、これがスパイスかー」って感じくらいだったんですけども、回を重ねるごとにふと「また食べたいな……」と思うようになってきてる気がします。
結構な中毒性やでぇ……。

Tikiのシーフードココナッツカレー

どうも、はむばねです。
ほいさー、というわけでね。
今回で3回目となりますが、またTikiさんに行って参りましたよっと。

moblog_f522468f.jpg

今回は、タイ風モルディブ寄りシーフードココナッツカレーを注文。
「タイ風モルディブ寄り」 is 何。
食べたらわかるとか、もちろんそんなことはなかったぜ!
いや、もしかしたら詳しい人ならわかるのかもしれませんけれど。

というのは、ともかくとして。
あー、なんかこれ、独特の癖がありますね。
食べた瞬間から、苦味? が口の中に広がります。
これ、ココナッツの風味なのかな……?
すみません、何要因なのかはちょっとよくわかりません。
とりあえず、これまで食べた3種類の中では一番人を選びそうだなって感じでした。

なんとなく字面から甘めのやつなのかな? と思っていたのです、ちょっとビックリしてしまいましたね。
正直一口目は結構違和感だったのですが、しかし食べてるうちに慣れてきたのか気にならなくなってきました。
なんか、今まで食べたことのない味わいって感じです。
うん、これはこれで美味い。
ていうか癖になりそう。

ちな、写真を見ていただければわかると思いますが、シーフードは滅茶苦茶ゴロっと入ってます。
これで900円は正直めっちゃ安い。
単純なコスパでいえばこのメニューが一番良いのでは? という気がしますね。
エビもしっかり身が詰まってましたし、貝もかなり肉厚です。
何気に結構入ってるタケノコやキノコもグッド。
色んな味を楽しめます。

あと、苦味で抑えられてるからか何なのか、辛さはそんなに感じませんでしたね。
いや、舌があんま感じてないだけで結局汗だくにはなったわけですけども。
やっぱタオルが凄いスパイシーな香りになったわ。

つーかこれ、3種類でホント全然味が違いますね。
トッピングが異なりますとか、そんなレベルでは全然ない。
完璧に別物です。


ま、ともあれ。
これで、とりあえずこれで一旦全メニュー制覇ですね!

blog_import_5864ebe3bd504_201701301303049a7.jpg

……え? スパイスMAXチキンカレー?
スパイスMAXは……まぁ、そうねぇ……。
頼んでみたい気持ちはあるのですが、果たして私に耐えられるのか……。
「MAXなのは辛さじゃないのです」とは書いてあるけど、どんな感じなんだろうか……。
うーん、次チャレンジしてみるかなぁ……?


あとですね。
初回にご紹介した時に、なんか飾ってあるからこの店の関連商品かと思ったら全部全然関係ないやつじゃねーか! というツッコミを入れたわけなんですけども。
もう一つ、ツッコミどころがあってですね。

このお店で使っているお米を、(こっちはホントに)販売しているようでして。
それ自体はまぁ良いのですけれど。
私、あんまり露骨なツッコミ待ちのボケにツッコミ入れるの嫌いなんですけどね。
これはちょっと、流石に言わせていただきたいよね。

1_20170130131447fea.png

雑誌の裏に付いてる怪しげな広告か!

中華そばつけ麺 永福

どうも、はむばねです。
ここしばらく外食は控えていたのですが(店内でゴホゴホするのもアレだし)、体調もだいぶ戻ってきたということでぼちぼちあちこち行き始めてます。
というわけで、本日は飯屋のお話ですよっと。

ちな、ラーメン屋さんですが今度は福岡Walker関係ではありません。
というか、今月も福岡Walker買おうかめっちゃ迷ったんですけどね。
相変わらずクーポンがラーメン屋しかなかった(まぁ、福岡観光客向けである以上そうなるのもやむなしですが)ので控えました。
クーポンは6店舗分付いてるわけで、そうなってくると週一以上のペースでラーメン食べる必要が生じますからね……。
流石にそれは、健康面が心配すぎる。
※買ったからといって、使い切る義務が生じるわけではありません。

どうも今月は(私がよく行く)兼虎さんとのコラボがあるようなのですが、それも辛いやつみたいですし。
何気に、それを見たのが購入しない方に傾いた決定打だったりします。


さて、無駄に余談が長くなりましたが。
本日ご紹介するのは天神駅近のお店、永福さん。
これまた微妙に奥まったとこにあるというか、まるたんさんとTikiさんの間にあるお店です。
この、完全にわかってる人にしか通じない説明よ。

というのは、ともかくとして。
店内は、カウンター5席のみのこぢんまりとした感じ。
タレがジョッキに入ってたり(なぜか)プリングルスの缶が積んであったりと微妙にカオスな感もありますが、清潔感があって居心地は良いです。


moblog_2ff59fe1_20170129125314f32.jpg

メニューはこんな感じ(ピントがズレましたが……)。
基本的に中華そばとつけ麺のみという、シンプルな構成ですね。
ちな、中華そばセットはメニューだと「ミニチャーシュー丼付き」となっていますが、壁に張ってあるメニューには「ミニカレー付き」って書いてありました。
どっちか選べる感じなのかな?(実際、チャーシュー丼を食べてる人もカレーを食べてる人もいたっぽい)


moblog_40a5010b.jpg

私は、つけ麺を注文。
1玉で頼んだつもりだったのですが、どうも2玉で通ってしまった模様?
「ん、思ったより多いかな……?」という程度で、私でも普通に食べ切れるくらいの量でしたが。

つけ汁は、やや濃い目の醤油ベース。
個人的に、つけ汁は濃い方が好きなのでグッドでした。
麺は中太麺(かな?)で、しっかり汁と絡みます。
濃いめと書きましたがつけ汁も重さはほとんどないため、スルスルといけますね。
たっぷり浮いてるネギもいい感じです。

トッピングのチャーシューはなかなかの厚み。
ただ、個人的にはちょっと冷たいところが気になりましたかねー。
しっかりつけ汁に浸して暖めてから食べた方が良いかもしれません。

さて、そんなこんなで食べ終わり「食った食った……」と帰り支度をしていたのですが。
そこで、「スープ割りします」と差し出される店員さんの手。
え、このタイミングで?
いやまぁそら麺を食べ終わってからのスープ割りではあるわけですけども……。
ちょっと一服した後の、ホントに立ち上がる直前のタイミングでしたからね……。
スープ割りについての記載もどこにもなかったので、ちょっとビックリしちゃいました。
あ、スープ割りされたつけ汁はややマイルドになった味わいで美味しかったです。


次は、中華そばを頼んでみますかね。
チャーシュー丼と、あと何気にカレーもちょっと気になるところではありますが……。

Tikiのキーマカレー

どうも、はむばねです。
さぁ、週末に向けて順調に体調が悪化して参りました!
なんなの、そのウィークリー周期。


いやー、というわけでね。
まーた明日になると山が来る可能性を感じましたのでね。
今日のうちに、病院行こうかと思ったんですよ。
でも、思ったよか近くに内科がなくてですね。
いや、あるにはあるんですけども、どこも絶妙に離れてて「ここが一番近い!」ってところが見当たらず。
そうこうしているうちに、めんどいの壁が押し寄せてきたよね(クズ

えーい、医食同源!
しっかり食べれば風邪など自然と治るものなのだ!


moblog_1c165c55.jpg

というわけで、病院行く代わりにカレー食べててきたよ!\(^o^)/
お店は、以前にもご紹介した路地裏すぎる名店Tikiさんです。
前回書きました通り、今回はキーマカレーに挑戦してみました。

とりあえず一口食べてみた感想としては、「あれ? 思ったよか辛くないかな?」でした。
スパイシーチキンカレーがその名の通り一口食べた瞬間からスパイスの香りが突き抜けていったのに対して、こちらはやや控えめ。
これならガンガンいけますnそんな風に考えていた時期が私にもありました(AA略

いや、やっぱかなりスパイス効いてますわ。
最初は、肉の味の方が強くて舌があんまりスパイスを感じられなかったのかもしれません。
すぐに汗だくになってきました。

ただ、「辛い」のかと言われるとやっぱそうでもない感じはしますね。
舌がピリピリするような感じはあまりありません。
やはり、「スパイシー」と表現するのが正しいのでしょうね。
私あんまりスパイスにこだわった料理とか食べたことないので、この「辛くないのに辛い」感じが結構新鮮に感じました。
また、スパイスが辛くなってきたら付属のレモンを絞ることでマイルドになるのもありがたいですね。

あとこれ、たぶん写真でも伝わると思うんですけども、めっちゃごっさり挽肉が入ってます。
というか、ルー=挽肉です。
おかげで、かなりボリューミー。
ライス300gと合わせて、私では最後の方ちょっとキツかったです。
まぁ言うて私でも食べきれる程度ではあったわけですが、食の細い方はちょっと注意かもですね。


いやー、しかし美味しく汗をかくことができましたね!
これで、風邪対策もバッチリや!
……うん。
まぁ、食べ終わった後に外出たらクッソ冷えたけどな!
もしかして:逆効果

あとどうでもいいけど、食べてる時に汗拭ってたタオルから凄いスパイシーな香りがします。

博多麺屋台 た組

どうも、はむばねです。
クーポン利用企画、使い切れないまま終了だと思った?
残念、既に食べ終わってました!
 
はい、というわけでね。
本日もやって参りました、福岡Walkerのクーポン全部使い尽くしてやんよのお時間。
第六弾は博多駅付近のお店、た組さんです。
またも屋台って書いてあるけど、別に屋台ではありません(福岡ではありがちなこと)。
微妙に大通りから一本外れたところにあるお店ですが、人によっては「天一の向かい」と言えばわかりやすいかもしれませんね(完全に地元民向けの案内)。
 
DSC_0807.JPG
 
とんこつラーメン(600円)+餃子(400円)、合計1000円のところクーポン利用で500円です。
このボリュームで、ワンコイン。
 
ラーメンの方は、基本に忠実なとんこつラーメン、って感じでしょうか。
見た目は結構あっさりして見えるんですが、割と濃厚系です。
しっかりとしたコクと、まろやかさが感じられますね。
もちろん、豚骨臭さは全くありません。
王道にして正道、って感じですね。
 
チャーシューは、バラ肉系ですが厚め。
こちらも、シンプルな味付けだと思います。
ザ・お肉! って感じ。
トロトロに仕上がっており、正直これだけでも主役を張れる器だと思うのですが。
しかし、主役はあくまでラーメン。
それを弁え、ラーメンの味を潰すことなく、むしろその存在によって更に引き立ててくれるような、そんな具合に仕上がっていると感じました。
 
そして、餃子。
こちらもいいですね。
やはりもって、奇を衒った味付けではありません。
「あぁ餃子だな」って感じ。
そして、「これでいい」って感じ。
にんにく不使用らしいので、平日のランチでも安心して食べられます(私はもうそういうの関係ないけど)。
さりとて、味が足りないという感じは全くなかったですね。
ジューシーで、一口サイズですが1個ごとに満足感が得られました。
ラーメンにもご飯にも、お供として相性バッチリだと思います。
 
そして。
嗚呼、そして。
この餃子を出されたらさぁ……。
もう、頼むしかなくなっちゃうわけじゃないですかぁ……。
 
DSC_0804.JPG
 
はい、おビール様じゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
いやぁ、ちょうど作業終了日でもありましたし。
この企画もラストというこもあって、頼んでしまいましたね。
クーポンによって、ビール追加でもほぼ元の値段に戻るだけですしね!
 
あ、無論言うまでもなくビールとの相性も最高でした。
ラーメンと一緒に行くもよし、チャーシューを贅沢につまみに当てるも良し。
いやはや、ラーメン屋での飲酒は夢が広がりますね!(来年の健康診断から目を逸らしつつ
 
 
なお。
 

 

 
おつまみ、アルコールメニューも結構充実してます。
普通に、飲みメインでも全然利用可能ですね。
 
 
DSC_0806.JPG
 
ぶっちゃけ、卓上の辛子高菜だけでも余裕で飲める。
 
 

 
基本メニューはこんな感じ。
こうなってくると、チャーハンなんかも気になっちゃいますね。
お昼には、お得なランチセットもあるようです。
 
 
総じて。
王道であるがゆえに、飽きの来ない味。
何度でも通えてしまうお店です。
地味に珍しい、お昼から夜まで通しの営業というのも有りがたい点ですね。
遅めのランチにも重宝しそうです。
 
 
 
はい。
では、そんなこんなでね。
福岡Walkerのクーポン全部使い尽くしてやんよ。
これにて6店舗分全て使い切り、終了! でございます。
 
いやぁ、しかしアレですね。
元々は、(艦これ表紙をネタにするためだけに買った)福岡Walkerをどうにか有効利用しようと苦肉の策的に始めた当企画でございましたが。
なんか、思ったより良かったな!
いいお店ばっかでしたし、お得感も凄い。
550円(雑誌代)で、2720円(クーポン割引総額)を買ったようなもんですしね。
お店の選択肢も普通に増えました。
あと、ブログの更新も一部楽になったしな!
これもう、福岡Walker毎月買ってもいいんじゃない? と思ったレベル。
少なくとも来月号が発売されたら、とりあえずチェックだけはしてみよう。

ふぐ酒場(ランチ)の霊圧が……消えた……?

どうも、はむばねです。
昨日は、ふくし氏と今年最後の飲みに行ってきましたよっと。
場所はおなじみ、ふぐ酒場。
今年ラストふぐ酒場ですね。
 
で、まぁそれはよいのですけども。
12月になってから、ランチタイムにふぐ酒場が開いてる気配がなくてですね。
昨日確認してみたら、営業時間から完全に昼の部が消えてたよね。
ファーwwwwヘビロテで通おうと思ってた矢先にこれかいwwww
まぁ前も書いた通り、全然客いなかったからな……。
 
なお、昨日行った時は結構混雑してたので一安心でした。
というわけで、あとは画像で誤魔化すぜ!
 
DSC_0809.JPG
 
合鴨スモーク、380円。
脂っこくはなく、しかし「お肉!」って満足感。
マスタードを付けるとアクセントになっていい感じです。
 
 
DSC_0810.JPG
 
鮎の塩焼き、280円。
280円って頭おかしくない?
焼き加減も絶妙で、しっかり身も詰まってます。
こなれて来たお腹にちょうどいいですね。
 
 
DSC_0811.JPG
 
漬物盛り合わせ、280円。
めっちゃいい感じに漬かってます。
ちょい塩味強め? なのが、酒飲みにはありがたい。
 
 
DSC_0695.JPG
 
あと、前回行った時に頼んだポテサラ、180円。
だから値段設定おかしくない?
 
 
DSC_0696.JPG
 
載ってる煮玉子は、抜群の半熟具合です。
 
 
DSC_0694.JPG
 
串かつもあるよ!
これは5種盛り、500円。
普通に、串かつ専門店にも負けてないお味です。
もう、飲みに行くのここだけでよくない? ってなりますよね。
 
 
その他、かなり飲んで食べて、昨日もお会計は一人3000円ちょい。
いやー、ホントにおかしな話ですね。
定期的に通って、潰れないように支えたいところです。
 
 
はい、そんなこんなでね。
この後、実家に帰りま。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4276)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (20)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (244)
天神周辺グルメ (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR